悪玉活性酸素とは?

Sponsored Link

活性酸素の分類には、他の物質に影響を及ぼす強さという視点からのフリーラジカル・ノンラジカルという分類の他に、悪玉か善玉かという分類方法があります。

どちらも知っておかなければいけないことではありますが、身体への影響を考えると、悪玉か善玉かの分類の方が気になるところではありますね。

 

悪玉活性酸素と善玉活性酸素

そもそも、活性酸素は体に悪影響を及ぼすと一括りに言われることが多いのですが、実は活性酸素の中にも悪玉と善玉があるわけですね。

 

活性酸素で問題にされるのは、主体内で発生するに四つの種類(ヒドロラジカル、スーパーオキシド、過酸化水素、一重項酸素ですが、その中でも悪玉と言われているのが、ヒドロキシラジカルです。

 

ヒドロキシラジカルは反応性が強く老化だけではなく、糖尿病や動脈硬化、癌やリウマチなどといった病気の発症の引き金にもなります。

 

また一重項酸素も悪玉の活性酸素と言われていますね。
一重項酸素は皮膚の元となるタンパク質や脂質を壊すだけでなく、コラーゲンやヒアルロン酸の破壊をしてしまいます。なので、お肌のしわなどの原因とも言われています。

しかし、酸化力が強力なフリーラジカルである点で、ヒドロラジカルの方が要注意ということになります(>_<)

 

 

一方、スーパーオキシドや過酸化水素は、善玉の活性酸素に分類されます。
善玉活性酸素とは、体内に細菌やウィルスが侵入してきたときに、免疫機能として駆除するように働いてくれる活性酸素のことですね。

しかし、だからといってこれら二つの活性酸素も、必ずしも良いことだけではありません。
この二つも状況によって、ヒドロキシラジカルへと変化する場合があるので安心出来ないのです(゚д゚)!

 

そこで、必要以上の活性酸素に対する対策として、水素が注目されています。
水素のよいところは、悪玉活性酸素にのみ反応して結合し、無害な水となり体内に吸収または体外に排出されていくことです。

 

だから、当ブログでも再三、水素水水素サプリ をおすすめしているわけですね。

悪玉の活性酸素を体内から除去していくことが大切なので、水素を体内に取り入れることは健康や美容にも良いといえますね。
全ての活性酸素を除去してしまっては体が機能しないので、効率よく悪玉活性酸素を消すことが大切です。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す