活性酸素がもたらす老化とは

Sponsored Link

アンチエイジングのカギとなるのは活性酸素対策といわれていますが、活性酸素は、私たちの身体に具体的にどのような老化をもたらすのでしょうか?

 

活性酸素による老化現象

私たちは毎日、生きていくために呼吸によって500リットル以上もの酸素を体内に取り入れているそうです。
そして、そのうちの約2%である10リットルの酸素は、強い酸化作用を持つ活性酸素へと変化するといわれています。

 

また他にも、紫外線を浴びたことによって、激しい運動したことによって、ストレスを感じることによって・・・と、生活の様々なシーンで活性酸素は発生してしまうのですが、この活性酸素は私たちの身体に老化をもたらすと問題視されています。

 

本来この活性酸素は、対外から体内へと入ってきた細菌やウイルスなどを攻撃し、身体を守ってくれる役割を持っているため一定の量であれば必要な存在です。
しかし、必要以上に活性酸素が増加してくると、その強力な酸化力によって健康な細胞やDNAにも悪影響を及ぼします。
これが「サビ」=「老化」といわれているものですね(>_<)

 

その具体的な現象としては、まず女性が気になるところの肌においては、シミです。

活性酸素によるダメージをメラニンが引き受けることによって肌が黒ずみます。
少量ならば、ターンオーバーによって排除されていくのですが、大量に発生してしまうとメラニンは排除されずに肌に沈着し、それによりシミが生み出されます。
また、活性酸素は真皮層のコラーゲンやエラスチンも酸化し破壊してしまいます。
それにより肌はハリと弾力、潤いを失い、シワやたるみが出来てしまいますね(>_<)

118165

しかし、活性酸素がもたらす老化は、肌においてだけではありません。

 

体中のいたるところで酸化を行ないますので、臓器が酸化されたことにより衰弱し本来の機能が低下したり、血管を酸化することで血管がもろくなって病気を引き起こしたり、血液中のコレステロールを酸化してしまうことで同約効果を引き起こしたり、様々な病気の原因になったりするわけです。

 

その最たるものが細胞を酸化によって傷つけること。
これは、細胞を癌化させてしまうことを意味するので、これが多く体内で行なわれてしまうと癌の原因になりかねません(>_<)

 

私たちは「老化」というと、すぐ美容関係をイメージしてしまいますが、本当に怖い老化は、実は体内におけるこうした細胞レベルでの酸化なんですね。。。

スポンサードリンク

コメントを残す