活性酸素種の一つ「ヒドロキシラジカル」とは

Sponsored Link

今問題視されている活性酸素種には、主に4つのものがあげられています。
ヒドロキシラジカルというのは、その中の一つであり、スーパーオキシドと同様、フリーラジカルに数えられる活動性を帯びている存在です。

 

ヒロドキシラジカルは、数ある活性酸素の分子種の中でも最も反応性が高いとされているため、酸化力も強くなり、糖質をはじめ脂質やタンパク質など様々な物質と反応を起こします。

その反応性の高さゆえに通常の場合は長時間存在することが難しく、生成されてもすぐに自然消滅するとされていますが、反応性の高さ自体が問題で、自然消滅するまでに様々なものを酸化させてしまい、あらゆる病気の原因となってしまいます(>_<)

 

一説によると、現在ある病気の90%に活性酸素がかかわっているといわれているくらいなので、かなりの問題ですよね。。。

 

こうしたヒドロキシラジカルをはじめとする活性酸素に対しては、私たちの体内に抗酸化作用を持つ酵素が存在し対処してくれるのですが、それは活性酸素の量が少量であればこそ。

しかし、活性酸素は、活性酸素 原因でご紹介しているように、生活していく上でのこまごまとして活動でも大量に発生してしまいます(>_<)

これは防ぎようがないほどですね。。。

 

そのようにあまりに大量の活性酸素が発生してしまうとそのバランスは崩れ、酸化ストレスを生み出してしまうといわれています。

それゆえに、抗酸化作用を持つ食品やサプリメントで活性酸素対策を行なわなければいけないわけですね( 一一)

 

活性酸素の除去に効くとされている成分には、βカロチンやアスタキサンチンのような「フィトケミカル」と呼ばれる成分や、ビタミンEやビタミンCなどのビタミン類があげられます。

yasai

こうした成分を含む食品を心がけて食べることも十分な活性酸素対策になりますので、毎日の食生活に取り入れたいですね(#^.^#)

スポンサードリンク

コメントを残す