腸内環境の悪化でも大量発生する活性酸素・・・

Sponsored Link

腸といえば、私たちの体の免疫細胞の約6割が集中し、体調の良し悪しを大きく左右する重要な器官なのですが、実は活性酸素の発生にも深いかかわりがあるそうです。

腸内環境と活性酸素

腸内環境は、善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌がバランスを保ちながら存在していますが、善玉菌優位の状態であれば、腸内環境は良好で体調も良い状態がキープできます。

 

しかし、加齢やストレス、生活環境の影響を何かと受けて善玉菌は減ってしまう傾向にあるため、腸内環境は油断をするとすぐに悪玉菌優位の状態に傾いてしまうのです(>_<)

 

すると、腸内環境は悪化。
体内には老廃物が上手く排泄されずにたまること(いわゆる便秘)になるので、有害な毒素が発生してしまうのです(゚д゚)!

68817fb7aaa70885887253c56707c70a_s
この毒素によって誘発されてしまうのが活性酸素。

そもそもは免疫システムの一部として毒素を除去するために活躍する活性酸素ですが、毒素が多ければそれだけ活性酸素も大量に発生することになり、大量に発生することによって、活性酸素は今度は毒素だけでなく、正常な細胞まで攻撃し始めて間うんですね(>_<)

 

こうして活性酸素が増え過ぎて腸細胞の遺伝子を損傷してしまえば、細胞が変異を起こしてしまい、ポリープやガン細胞に発展していく可能性が生まれてしまいます(゚д゚)!

そうならないためにも腸内環境は整えていかなければいけないんですね。

 

腸内環境の改善対策

では、腸内環境を整えるためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

簡単に言うと善玉菌を増やすことです
乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖などを積極的に摂ることがオススメですね。

それを最も合理的に行なうのが、乳酸菌サプリの摂取です。

 

ただし、乳酸菌ならなんでも良いというわけではなく、きちんと腸まで届く形になっているものを摂取することと、その乳酸菌の働きを高めてくれるビフィズス菌や食物繊維、オリゴ糖などと併せて摂取することが大事なのです( `ー´)ノ

なので、乳酸菌サプリを飲む場合はきちんと選ばなければいけません。

 

人の腸内環境には個人差があって、合う乳酸菌と合わない乳酸菌が存在するようですが、それだけに複数の乳酸菌を含むサプリメントを摂取するのがおすすめですね(#^.^#)

そして「コレ」と決めたなら、効果が表れるまでの最低3カ月は継続して毎日摂取した方がいいそうです。

何事も継続・・・ということですね(#^.^#)

 

因みに、私が今飲んでいる乳酸菌はなかなかおすすめです♪

有胞子性乳酸菌でもご紹介している「乳酸菌革命」です。

P1010593

生きたまま腸に届きやすい有胞子性乳酸菌という特別強い菌ですし、話題の乳酸菌がすべて含まれたサプリなんですよ(#^.^#)

コスパもいいので気に入って飲んでます♪
皆さんもいかがでしょうか?

 

話題の「生きた乳酸菌」!こんなにキレイになってどうしよう!?

スポンサードリンク

コメントを残す