毛穴の角栓を取る方法はいろいろあって・・・

Sponsored Link

毛穴の角栓をどうするかという問題で、黒ずみになってしまったものを取り除く方法についていろいろご紹介してきましたが、この話はまだまだ興味深いものがあります(#^.^#)

鼻毛穴

実際、毛穴に詰まっている角栓が気になって仕方ないという人は少なくありません。
問題はその取り方。
一般的な方法では、指で押し出す方法や毛穴パック、角栓抜きピンセット、コメドプッシャー、クレイ(泥)パック・・・とな毛穴の角栓をとる専用の商品も売り出されていますよね。
また毛穴吸引器のように便利なものまで開発されています。

毛穴吸引器

しかし、それだけではありません。
上記以外にも、本来毛穴の角栓を取るためのものでは無いものを利用しての角質ケアで話題になっているものがあります。

それは、すでに当ブログでもご紹介したようなオロナイン軟膏やニベアクリーム、食用のオリーブオイルを使った方法ですね。

 

さらには、取るというより育てて自然に取れるのを待つといったかなりユニークな発想の方法もあります。
それは、「角質培養」と呼ばれている方法で、「擦らないケア」を徹底し、角栓を取らずに放置するというちょっとありえないような発想のスキンケアなのです。
しかし、これは、育ち過ぎた角栓がちょっと画像でみてもかなり衝撃的な状態となる結果を生む場合があり、中途半端な理解ではできない方法でもあります。
(怖いもの見たさの方は、「角質培養」でググってみて下さい。。。)

 

以上のように、最近では様々な角栓の取り方が話題を呼び、それぞれメリット・デメリットともに体験した人が口コミを書いてくれています。
これらはもちろん、毛穴ケアに悩む人にとっては参考になるものです( `ー´)ノ

そんな色々な方法を試してみて、自分にあった毛穴の角栓の取り方を見つけてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す