40代に必要は毛穴ケアとは?

Sponsored Link

20代の後半で曲がり角を迎えた肌は、30代で衰えを見せ始め、40代で一気に様々な肌トラブルとなって顕在化します。

シミが浮き出てくるのももちろん気になりますが、一番大きな変化は、肌自体が痩せてハリがなくなってきたこと・・・
これによって、くっきりとしたしわが刻まれるようになりましたし、今まであまり目立たなかった毛穴が目立つようになってきました(>_<)

顔のシミを気にする女性

40代の毛穴が目立つ原因

私たち40代の毛穴にみられる特徴は「開いている」こと。

20代の毛穴も開きが気になったものですが、それは皮脂の分泌が盛んな時期ゆえの開き。
皮脂を分泌し終えた毛穴が閉じる前に皮脂や汚れが毛穴に詰まってしまい、閉まり切れていなかったんですね。

 

しかし、今の私たちに見られるような40代の毛穴の開きは、毛穴の開閉機能自体が弱くなっているものと考えられます。
肌細胞の一つ一つの水分保持力が弱くなってきて乾燥が進んでいることも大きな原因といえるでしょう。

 

そして、肌自体がハリを失ったことでたるみを生じ、毛穴が重力に逆らえずに徐々に楕円形に見えるように下がってきたんですね( ゚Д゚)!
こうした毛穴のたるみと開きは、全体として顔を見た時に微妙な影を作るために肌をくすませる原因となってしまいます。
年齢を重ねると肌から透明感が失われがちなのは、こういうことだったんですね。。。

 

40代に必要な毛穴ケア

ということは、40代の肌に必要な毛穴ケアは、2通りのアプローチが考えられます。

 
肌細胞の保湿ケア
低下してくる水分保持機能を補うために、セラミドを中心としたうるおい成分の補給で十分な保湿ケアを行ないます。

 
土台となる肌のハリ回復
肌のハリは表皮の乾燥の問題ではなく、真皮層のコラーゲンが減少したことによるもの。
ゆえに、ビタミンCyレチノールといったコラーゲンを再生させるための成分を補うことにより、ハリと弾力の回復を図ります。

 

このどちらも並行してケアしていかなければ、たるみによる毛穴の開きは改善できませんよね。
そのためにも、乾燥とコラーゲンの減少につながる紫外線ケアは十分に普段から行うようにしましょう( `ー´)ノ

コメントを残す