たるみによる毛穴の開きを治すのにマッサージは危険!?

Sponsored Link

40代に見られる毛穴の開きは、一つには乾燥が、そしてもう一つには肌のハリがなくなったことによるたるみが原因と考えられています。

 

故に、そんな毛穴の開きを治すためには、毛穴の開きを治す方法でご紹介したように、まずは乾燥に対する対策を講じる必要がありますが、同時にたるみに対する対策も講じなければなりません(^^;)

そのためには衰え始める表情筋や深層筋といわれる顔の筋肉を鍛える必要があるのですが・・・

 

表情筋・深層筋を鍛える方法

普段からあまり運動をしない人や顔の表情に乏しい人は、表情筋や深層筋が衰えやすいといわれています。

なので、鍛える対策として、よく「マッサージをしなければ」という人がいらっしゃるのですが、プロのエステティシャンに言わせると、素人が行なうマッサージは肌への摩擦ダメージになりがちなので危険とのことです(゚д゚)!

 

マッサージについつい力を入れ過ぎてしまう・・・ということでしょうか(^^;)
撫でる感じでは筋肉を鍛えることにならないような気がして、ついつい手のひらで力強くやってしまうのですが、本当は肌に触れる手は触るか触らないか程度の軽いタッチでなければいけないそうです。。。

この加減が素人にはよくわからない・・・だから、決して適当にやってはいけないんですって。

 

表情筋や深層筋を鍛えたいのであれば、マッサーッジではなく、表情を大きく動かすフェイスエクササイズの方がいいとのことですね。
舌を出して口の中で大きく回す「ベロ回しエクササイズ」が有名な方法ですが、これならば道具はいらないし、簡単にできるからおすすめですよ(*^-^*)

コメントを残す