毛穴の黒ずみを酵素洗顔でとる場合

Sponsored Link

毛穴の黒ずみの主な原因となるのは、まず毛穴に入り込む角栓ですよね。
この角栓が空気に触れることによって酸化し、黒く変色したものが毛穴の黒ずみである場合が一番多いといわれています。

なので、うっかり毛穴が黒ずんでしまった場合は、まずは洗顔で取りたいのですが・・・
頑固な黒ずみとなってしまった角栓は、通常の洗顔ではとりにくくなっています(>_<)

そこで有効なのが、酵素洗顔なのです( `ー´)ノ

スイサイ

酵素という存在は私たちの体内にも消化酵素、代謝酵素といった形で存在しますし、料理をする上でも掃除をする上でも様々に酵素の働きを利用する等、とても密接な関係にあるものです。

この酵素を洗顔に活用するわけですね(*^-^*)

 

酵素洗顔とは

洗顔に使う酵素の場合は、タンパク質を溶かす働きを活用します。
というのも、角栓の約70%は古い角質、つまりタンパク質でできているからです。

なので、タンパク質を溶かす酵素が配合された洗顔料を使うことによって、毛穴にがんこに居座っている角栓の周囲を溶かして取り除きやすくするわけですね。

この理屈からもわかるように、酵素洗顔は結構強力です。
黒ずみもできたばかりのものなら1回でキレイに落ちますね(^^)v

 
酵素洗顔を使用する際の注意点
このように強力な酵素洗顔。
タンパク質である黒ずんだ角栓を溶かすということは、本来必要とされる角栓をも溶かしてしまうということです(゚д゚)!

なので、酵素洗顔の使用は毎日はNG!
やり過ぎてしまうと、肌は角質のとり過ぎで未熟な細胞が表に来るようになってしまいます(>_<)
そうなると、バリア機能も働かず、乾燥以外にも様々な肌トラブルを招くことになってしまうので、気をつけましょう!
酵素洗顔は、初めは週1程度で。慣れてきたら、週2に増やす程度のとどめた方がいいですね(#^.^#)

 

ただし、それでも酵素洗顔は肌の刺激になるのでちょっと・・・という超敏感肌の方には、酵素ではなく超微粒子のクレイで優しく汚れを落とす泡洗顔のほうがいいかもしれません


 

おすすめなのは、発酵豆乳液をベースにコラーゲンやヒアルロン酸などたっぷりの保湿成分を配合して作られたどろ豆乳石鹸「どろあわわ」です♪

p1010563

どろ=クレイであれば、超微粒子の成分が毛穴に入り込んで汚れを吸着して除去するというタイプなので、酵素のようにたんぱく質を溶かしたり、スクラブのように汚れを掻き出したり、と肌に負担をかけることもありません。

だから毎日だって使用できますし、むしろ使えば使うほどクレイのミネラル分やプラス配合されているコラーゲン・ヒアルロン酸で肌はしっとりプルプルになりますよ♪

 

酵素洗顔とはまた違ったもっちり泡が楽しめるのでおすすめなんです♪

pointもちもち濃密泡でうるおい洗顔が可能などろ豆乳石鹸「どろあわわ」

 

コメントを残す