毛穴の黒ずみにガーゼ洗顔

Sponsored Link

毎日きちんと洗顔していてもいつの間にか詰まってしまう角栓。
常に注意深く神経を使ってみていれば、角栓が詰まり始めたのに気付くのかもしれませんが、何かと忙しい私たちは、ついつい角栓が酸化して黒ずみになってから詰まっていることに気づいたりするんですよね(^^;)

 

黒ずみになってからの角栓は、すんなりと普通の洗顔で落ちないから厄介(>_<)

かといって、ちょっとでも強めに擦ったりして洗い方を間違えると、肌へのダメージになりかねないので、無理のない洗顔で取りたいですよね。

 

毛穴の黒ずみをとる方法については、クレイパック酵素洗顔といったアイテムを使うと効果的なのですが、こういったアイテムがない場合は、ガーゼを用いて行う「ガーゼ洗顔」という方法があります。

この「ガーゼ洗顔」、今ちょっとした話題になってるんです(*^-^*)

 

ガーゼ洗顔とは

ガーゼ洗顔とは、文字通り、ガーゼを使って洗顔を行なう方法ですが、目の粗い医療用ガーゼではなく、赤ちゃんの顔を拭いたりするときに使う柔らかいガーゼを使用するのがポイントです。

53e39f449e6f0cc2a04c0f07d4e0e6a1_s

やり方は特に難しいわけではなく、ガーゼをぬるま湯で濡らしたら、いつもの洗顔料を泡立ててガーゼにつけます。
あとはガーゼを指先に巻いて、黒ずみが気になる個所を軽く撫でながら洗うだけ。

P1010064

ぬるま湯で洗い流して、いつもの保湿ケアをすれば完了です(*^^)v

たったこれだけ?と思われるかもしれませんが、このガーゼが刺激にはならないちょうどいい塩梅に汚れを落とす役目を果たしてくれます。

 

もちろん、ゴシゴシこすってしまうといくら軟らかいガーゼとはいえ摩擦が起きて刺激になるので、あくまでも「優しく撫でるように」が前提ですね(#^.^#)
このようにガーゼ洗顔は、特別なアイテムがなくても始められる毛穴ケアですが、使用する洗顔料にこだわればもっと効果的に行なうことができます(^^)v

 

そんな洗顔料の選び方のポイントとは・・・
  • 肌への刺激になる成分が含まれていないこと
  • ガーゼや指が肌に触れて摩擦が起きないようヘタレない泡で洗えること
  • しっかり汚れは落とせても洗浄力は強すぎないこと
 

つまり、肌を優しく洗うためには、メイク汚れや皮脂汚れをきちんと落とせるものでありつつも、肌のうるおい成分まで根こそぎ取り除いてしまわない洗浄力の強すぎないもの、かつ低刺激成分使用のものでなければならない・・・ということなのです。

これって意外と難しいですよね(>_<)

 

そこでおすすめしたいのが、どろ豆乳石鹸「どろあわわ」です♪

p1010563

これは毛穴の黒ずみ 酵素洗顔でご紹介した洗顔料なのですが、私がこの「どろろあわわ」を知ったのは、購入者満足度が高い洗顔料を調べていたとき見つけたのがきっかけなのですが、実際に使ってみると、他の洗顔料に戻れないくらい気持ちのいい泡なんです( ゚Д゚)!

 

そもそも豆乳発酵液という肌に低刺激のいかにも肌によさそうなベースから作られているものなのですが、沖縄産のマリンシルトという泥パックに使われる微細粒子のクレイが配合されているため、もっちりとした泡の弾力がすごく、毛穴汚れの吸着がとてもスムーズで、肌に負担をかけることなく汚れを落とすことができます。

おまけでついてくる泡立てネットを使えば、モコモコと簡単に濃密泡ができるんですよ♪

 

しかも、洗顔料にはコラーゲンヒアルロン酸といった保湿成分もふんだんに配合されているので、洗い上がりのしっとり感がハンパじゃありません!

 

ガーゼ洗顔にはぴったりの洗顔料なので、ぜひ使ってみていただきたいです♪

定期購入だと初回は半額の1,490円とリーズナブルな点もおすすめなんですよ(#^.^#)

pointもちもち濃密泡でうるおい洗顔が可能などろ豆乳石鹸「どろあわわ」

 

One Response to “毛穴の黒ずみにガーゼ洗顔”

コメントを残す