抗酸化作用とはどんな作用?

Sponsored Link

最近よく耳にする「活性酸素」や「抗酸化」。
そもそもこれらはどういったものなのでしょうか?

 

抗酸化作用とは

抗酸化作用とは、体内で活性酸素がもたらす酸化を阻止し、活性酸素の悪影響から身体を守ることです。

 

人は呼吸によって酸素を取り入れてエネルギーを作りますが、その過程で一部の(2%)酸素は化学変化を起こし活性酸素を発生させます。
この活性酸素は、体内に侵入してきた細菌などを排除する作用があり、身体にと手必要なものでもあるのですが、大量に発生してしまうと美容や健康に良くない影響を及ぼしてしまうのです。

 

具体的には、体内の細胞や器官、臓器、血液の成分などあらゆるものを酸化させ、錆びつかせてしまうことで、肌にはシミやしわ・たるみなどができますし、健康においては、糖尿病や動脈硬化などを引き起こし、様々な重大な病気の原因となってしまうのです(>_<)
癌までもが活性酸素の影響を受けて発生する場合があるといわれていますね(>_<)
そんな活性酸素を抑える働きを抗酸化作用というわけですね。

 

しかし、私たちの身体には、こうした活性酸素に対する抗酸化物質本来備わっています(゚д゚)!
「酵素」といわれる存在がそれですね。 SOD酵素やカタラーゼなどです。

しかし、これらは年齢とともに減少してしまいます。 でもだからといって、活性酸素の影響を受けっぱなしでは、私たちの老化は進む一方です(>_<)

 

そこで、体内の抗酸化酵素を活性させるとともに、抗酸化作用を持つ物質を補給するのです。

それが抗酸化作用を持つ成分や栄養素を含む食品であり、サプリメントだったりするわけです。

 

例えば、抗酸化作用をもつ食べ物といえば、バナナ 抗酸化でご紹介した果物のバナナや、大豆、レバー、ホウレン草などの緑黄食野菜、ねぎ、緑茶、ごま、ブルーベリー 、りんご、キノコ などなど・・・

c5867c7df7f12ead1d596aea81f02696_s

 

日頃から食べている野菜や果物に抗酸化物質は含まれているので、好き嫌いなくバランスよく積極的に野菜や果物を食べれば不足することはないのようです。

 

とはいえ、食生活が乱れがちの人もいらっしゃいますよね(^^;)
そういった場合はサプリメントと等を活用してみて下さい♪

コメントを残す