お茶の抗酸化作用を活用しよう

Sponsored Link

私たちの生活になじみ深いお茶にも、実は優れた抗酸化作用を持つ成分を含んでいるものがあります。

 

その一つが緑茶。
緑茶は、昔は薬として使われていただけあって実にたくさんの効果があるのです。
ビタミン類や食物繊維が含まれていることで美肌効果があり、様々な毒素を消滅させるカテキンが多く含まれています。

SW072_L

実は、このカテキンには、口臭予防、抗インフルエンザ作用、ガン予防などの効果があると共に、ポリフェノールの一種として高い抗酸化作用もあるのです(゚д゚)!

 

抗酸化作用とは、紫外線のダメージやストレス、食品添加物などによって増えた活性酸素を抑えて酸化を防いでくれる作用です。
活性酸素は、強力な酸化力で脂質やDNAなどを酸化し変質させるほか、肌の潤い成分であるコラーゲンを破壊するため、シミだけでなくしわやたるみの原因ともなる厄介な存在なのです。

 

なので、活性酸素を抑えるということは、シミやたるみなどの肌の老化を抑えるアンチエイジング効果もあるということ。

お茶の抗酸化作用は、ビタミンEの50倍以上とも言われているほど大変高い効果が期待されています。
お茶、特に緑茶をよく飲まれる方は、長生きしやすいだけでなく肌も若々しくなりますね。

 

また緑茶以外にも、抗酸化効果の高いお茶としては、ルイボスティーがあげられます。
ルイボスティーは、私たちの体内にも存在している抗酸化酵素「SOD酵素」を含んでいることから、活性酸素対策に良い飲み物といわれているんですね。

ルイボスティー

他には、紅茶にもポリフェノールが含まれているので、抗酸化作用はバッチリですね♪

ニキビに悩む人や肌をもっときれいにしたい人は、普段の飲み物にお茶を飲むといいですね(*^-^*)

スポンサードリンク

コメントを残す