2018年の春、唇のアクセントはグロスではなくリップオイルがおすすめ♪

Sponsored Link

春の陽気の訪れとともに華やかさを増す女の子のリップカラー。
春といえば、毎年トレンドカラーはピンク。その傾向は今年も同じようで、リップもアイシャドウも売れ筋はピンクですね(#^.^#)

 

しかし、リップに関しては、艶やかさを演出するアイテムにちょっとした変化が。
それは、口紅の上から重ねて艶感を出すアイテムが、グロスからリップオイルにシフトしているんです。

 

そこで今回は、今後もっと流行すると思われるリップオイルについて、正しい使い方やおすすめの商品などをご紹介していきたいと思います(#^.^#)

グロスとリップオイルはどこが違うの?

まず、従来のグロスと今年トレンドのリップオイル。
両者を比較してみて、どこに違いがあるのか調べてみました。
すると・・・
  • グロスではテカテカ感が出てしまうが、リップオイルはプルプル感が出る
  • グロスでは唇が荒れてしまう人が多いが、リップオイルは潤いを保つのでカサつかない
  • グロスは比較的すぐ落ちてしまうが、リップオイルはオイル効果で長時間艶を維持することができる
 

つまり、より自然な潤い感が出せるのがリップオイルの特徴であり、使用感についてもベタつくわりに唇が荒れてしまうグロスに対し、リップオイルは保湿効果が高いため、着け心地もとても良いのです♪

だから、使ってみた人からリップオイルに切り替えていっているんでしょうね(^^;)

リップオイルの使い方は?

使い方としては、基本的にはグロスと同じ。
口紅を唇に馴染ませてからつけるのですが、リップオイルをうまく塗るコツとしては、上唇の中央(山の部分)と下唇の中央付近にリップオイルの先端のチップでオイルを乗せ、筆で唇全体に伸ばしていきます。

唇の輪郭より1㎜オーバー気味に塗るとイイ感じになります(#^.^#)
美容液のようなテクスチャーなので、グロスよりもはるかに伸びが良く、より自然なプルプルとした唇が演出できますよ♪



 

また、夜寝る前の保湿ケアとしても用いることができます。
保湿効果が高いので、唇の美容液代わりとして乾燥を防ぐことができますね(*^^)v
なので、初めから唇の保湿ケアとして用いるのであれば、無色透明なものをセレクトすればOKですね。

2018年春におすすめのリップオイルは?

では、今年の春おすすめのリップオイルはどういった商品なのでしょうか?
コスメの口コミサイト、@cosme(アットコスメ)や人気ブロガーさんたちがチェックしているランキングを参考にご紹介したいと思います(#^.^#)

 

●エクセル リップケアオイル LO06 チェリーダズル



7種の天然由来美容オイルが配合されているので、ベタつかずするする快適な塗り心地と評判。
唇にフィットして塗りやすい斜めカットチップも人気の理由の一つですね。

 

●クラランス コンフォート リップオイル 02 ラズベリー



唇にツヤと内側から押し上げるような弾力感を与えるオーセンティック プラント シード オイルと、つややかな光沢感とトリートメント効果を兼ね備えた、植物由来ジュレオイルが配合。
弾力感を含めすべてを満足させるオイルリップ美容液と話題です。
カラーは、ラズベリーの他、タンジェリンやレッドベリーも人気ですね。

 

●CHICCA(キッカ) メスメリック ウェットリップオイル



ナチュラルな濡れた仕上がり感が出せるリップオイルといえば、これ!
キッカならではの「水紅」で自然に濡れた唇の艶めきをオイルで再現。
薄膜の艶感と、ほんのりにじみ出るような色づきで、フレッシュにうるんだ唇を演出できます。

 

以上が人気の上位を占める商品です。

プチプラの商品であれば、1,700円程度からありますが、これは並行輸入商品の場合がほとんど。
国内正規品となると、5,000円や10,000円を超えますので、そこまでいくと気軽に購入することはできなくなりますね(^^;)

 

実際にリップオイルを使ってみるとわかりますが、グロスを塗るよりはるかに着け心地が良いです。
それでいて唇を乾燥や荒れから守ることにもなりますので、この春はぜひ上手に活用してみて下さいね(#^.^#)

コメントを残す