ミニマムメイクって何

Sponsored Link

メイクの仕方にはそれぞれ時代によってトレンドがありますが、最近の傾向はというと、「ミニマムメイク」ですよね(#^.^#)
これは何も若い人だけではなく、40代に入っている私たちにも言えることです。

でもこのミニマムメイクは、一歩間違えれば「手抜きメイク」になりかねません(>_<)
それはちょっと残念だし、余計に年齢を感じさせてしまう危険性もあります。。。

なので、最近流行の「ミニマムメイク」とはどういうものなのか?
また、イイね!と言ってもらえるミニマムメイクのためには、どのようなアイテムをそろえておいた方がいいのかなどについてご紹介していきたいと思います。

ミニマムメイクって何?する場合のポイントは?

最近のメイクの主流である「ミニマムメイク」とは、そもそもどういうものなのでしょうか?
それは一言で言うなら、ポイントを抑えたナチュラルメイクのことです!

 

ナチュラルメイクというと、よく「何もしないこと=ナチュラル」と勘違いされがちですが、そうではありません。
よりナチュラルに仕上げるけれど、抑えるべき個所はしっかり手を加えて魅せたいポイントを引き立たせるメイクのこと。
その為にたくさんのアイテムを用いるようでは無駄が出るし、施されたメイクも重たくなってしまう・・・
だから、最小限のアイテムでシンプルに魅せるメイクをしましょうということなのです。

簡単に済ませたいから手を抜きましょうということではないんですね(^^;)

故に、ミニマムメイクをするためのポイントは、
  • 「抜く」箇所と「押さえる」箇所を明確にすること
  • 質の良い優秀なアイテムを使うこと
 

例えば、目元は目ヂカラを強調するためにマスカラはつけるけれど、ファンデーションはナチュラル感を出すためにパウダーをはたくだけにする・・・といった感じで、「抜く」箇所と「押さえる」箇所を区別してメイクをするということなのです。

また、生き生きとした印象に仕上げたい場合、ツヤを出すのは頬の高い部分だけにして、唇をインパクトのある赤に仕上げ、目元はまつ毛に輝きを添えるくらいにして色は控えめにする・・・というのもイイですね♪
要は、すべてを完璧にバッチリメイクをしてはいけないということなのです(#^.^#)

ミニマムメイクの道具は?必須アイテムをチェック!

では、そんな洗練されたミニマムメイクの道具としては、どのようなアイテムがおすすめなのでしょうか?
来年の流行を踏まえてそろえておきたいアイテムを探ってみたいと思います。

 

まず、ベースメイクに関しては、素肌を完璧にカバーしたベースは重く、厚塗りしているように思われるため、基本はパウダーを軽くはたくだけにして、地肌に近い色のファンデーションを涙袋にサッと塗るにとどめるのが今風のようです。
それには、「つけたまま眠れる」という触れ込みの超微粒子ファンデ「オンリーミネラル」がおすすめですね♪

>>>直販限定ファンデセット⇒送料無料


アイメイクに関しては、ここで手を抜くと、地味で雑な顔になってしまうということですので、いらない部分の眉などムダ毛をきちんと抜いておいたり、アイラインを引く場合は目尻のハネを丁寧に描いたり、と基本的なことをきちんとやっておきたいですね。

 

そして、頬と唇に関しては、統一感を出すのがポイント。
リップを血色系にしたら、チークも血色が滲むオレンジ系などで合わせるのが◎です。
最近では、頬にも唇にも使えるアイテムが販売されていますので、そちらを使えば顔の統一感が出せる上、化粧ポーチもコンパクトになるから二重で嬉しいですね。

おすすめアイテムとしては、ベアミネラルの「ポップ オブ パッション リップカラー オイル バーム」が人気です♪
チークに入れる位置は、耳の出っ張った部分と鼻を結んだちょうど真ん中が一番濃くなるように入れると、自然かつ血色感が出て効果的だとか。
唇もヌーディに仕上がりますので、ナチュラル感バッチリですよ(#^.^#)

 
このように、色を使い過ぎない、重ね過ぎないを心がけるだけで、今までのメークをガラリと変えなくてもミニマムメイクにすることができます。
色もパールも下手に重ねない方が圧倒的にキレイで上品です。
好みの問題もあるかとは思いますので、トレンドに合わせなければならないわけではありませんが、今風を心がける場合は、ご紹介したミニマムメイクのポイントを毎日のメイクに取り入れてみて下さいね(#^.^#)

スポンサードリンク

コメントを残す