乾燥肌のニキビケアには「水洗顔」がいいかも♪

Sponsored Link

ニキビケアにおいては、皮脂量のコントロールがポイントになりますが、大人の肌は、一見脂性肌に見えても実は乾燥しているという「インナードライ」の場合もあるため、皮脂を取りすぎてしまったり、またそのせいで過剰に皮脂分泌を招いてしまったり・・・と、なかなかに難しい面があります。

nayamujosei

自分の肌を正しく理解できていなくて、どんどん乾燥していく悪循環に陥ってしまうこともよくあるようですね(>_<)
そうなると、ニキビは繰り返す一方でよくなるはずはありません。。。

 

なので、ご自分の肌を脂性肌だと思ってケアしているけれど、一向にニキビが改善しない・・・という方はぜひ、一度「水洗顔」と方法を試していただきたいと思います( `ー´)ノ

 

水洗顔のポイント

水洗顔のやり方や考え方は、とてもシンプルです。
ぬるま湯で洗う
水洗顔とは、文字通り、洗顔料を使わず水だけで顔を洗う方法です。
ただし、本当に水を使うのではありません。
ぬるま湯で洗うのです!

 

なぜぬるま湯かというと、熱めのお湯で洗ってしまうと、皮脂が落ちすぎて乾燥してしまったり、低温火傷となって肌に赤みが出来てしまったりします。
そして逆に、低い温度で(いわゆる冷水で)洗ってしまうと、今度は汚れが落ちなくなってしまい、毛穴が詰まってしまいます。
だから、32~35度くらいのぬるま湯がベストなんですね。

 
擦らずぬるま湯を押し当てるように洗う
洗い方は、擦って洗うのがNGです!
両手でぬるま湯をすくったら、顔に押し当てるようにして洗うこと。
シャワーを直接顔にかけるのも、水圧のダメージが加わる場合がありますのでしないでくださいね!

 
水洗顔は朝だけにする
水洗顔というのは、夜のしっかり洗顔で流れ出てしまった肌のうるおい成分を、化粧品で補うのではなく、自身の肌力で寝ている間に回復させることを目的としています。

なので、水洗顔は朝だけにして、夜は洗顔料でしっかり洗いましょう。

この方法で肌力が回復すれば、バリア機能やターンオーバー機能も戻り、ニキビは回復に向かいますよね。

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s

 

この水洗顔という方法のいいところは、余分な皮脂を落とさないということなので、過剰に皮脂が分泌されるのを抑えることができます。
朝晩、一生懸命洗顔しているのに常に脂っぽい・・・という方には、治療の突破口になるかもしれませんので、やってみてくださいね(#^.^#)

コメントを残す