チョコレートはニキビにとって悪いばかりじゃない!

Sponsored Link

「チョコレートを食べるとニキビになる」とよく言われますが、これって本当なのでしょうか?
この噂と、もう一つ「チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出る」というのは、どちらも私自身には当てはまらなかったのですが、実際はどうなのでしょうか?

その噂について、いろいろ調べてみました( `ー´)ノ

64399d681f4ba20bd0255491ccf7a892_s

チョコレートとニキビの関係

チョコレートを食べるとニキビができる人と、食べてもニキビができない人がいるのは、以下のような理由からでした(*^-^*)

 
主原料であるカカオはニキビの原因にならない
チョコレートの主原料であるカカオには、ポリフェノールという癌や動脈硬化に効果がある成分が含まれており、ストレスの緩和にもなることがわかっており、これがニキビの原因になるわけではありません。

「チョコレートダイエット」というものがあるくらいですし、この成分からすると、むしろ美容と健康のために少しずつでも摂った方がいいくらいですね(*^^)v

 
チョコレートに含まれている脂質と糖分がニキビの原因となる
チョコレートを美味しく食べやすくするために含まれている脂質と糖分はニキビの原因となります(>_<)
脂質は皮脂の分泌量を増やす原因となりますし、糖質はコラーゲンと結びついて消費してしまうため、糖質を多くとると皮膚が硬くなり、毛穴が詰まりやすくなってしまいます(>_<)

つまり、チョコレートはこの糖分に特に問題があるわけですね。。。

 

だから、同じチョコレートでも糖分をカットしたものならば、少々食べたところでニキビになることはありません。
同じようでも、肌にもたらす影響は全然違うということでなんです(゚д゚)!

結局、チョコレートにはいろいろ種類があるので、一括りににチョコレートを結論付けることはできないというのが結論です。
ただ、食べ過ぎだけはよくないですね(^^;)

コメントを残す