オロナイン ニキビ 使い方

Sponsored Link

以前、炎症ニキビの応急処置として、ネットでみかけた「炎症ニキビには、オロナインを塗って絆創膏を貼っておけば一晩で炎症が治まる」という情報をニキビ オロナインの記事でお伝えしましたが、それとは一部異なる使い方をすすめている別の情報を見つけました!

ちょっと気になる個所がありますので、そちらの情報も注目してみましょう。

オロナイン

オロナインのニキビへの使い方

1・洗顔し、肌を清潔な状態にします。
2・ニキビ部分に少量のオロナインをすり込みます。


 

使い方としてはこれだけの実に簡単な方法なのですが、注目すべき点はそこにあった注意事項。

「オロナインを塗った上から絆創膏を貼ってはいけない」というのです(゚д゚)!

その理由として、「ニキビ菌を繁殖させてしまう可能性があるから」とあるのですが・・・

 

大変申し訳ないことに、実際のところ、私はこのオロナインと絆創膏のケアを試したことがないので何とも言えないんですよね。。。<m(__)m>

 

ただ、実際に行なった人の声としては、「絆創膏を貼っていたら一晩で炎症が治まった」という方が多少多い感じではあります。
貼りっぱなしがいけないだけなのかな・・・という気がしますが(#^.^#)

 

いずれにしても、この方法を試される方は、どちらの可能性もあるということを頭の隅においておいて、「自分には合わないな」と思ったら、絆創膏を貼るのをやめるようにしてくださいね( `ー´)ノ

 

そして、オロナインを使うときの注意事項として他にあったのは、次の2点。
  • オロナインを塗るときは、強くすりこみ過ぎないようにすること
  • オロナインを塗る量は少なめにすること
 

強くすりこむとニキビへの刺激になるからよくないですし、沢山塗りすぎると毛穴を塞ぎ、逆にニキビを悪化させてしまう可能性があるということなので、気をつけなければいけませんね。

 

オロナインの効き目

そして肝心なオロナインのニキビへの効き目についてですが、一般的には、赤ニキビであれば1週間で鎮静、白ニキビ、黒ニキビなどは3日で効果があるとされているようです。

 

とはいえ、ニキビの状態は個々人違うので一概には言えません。
オロナインの使用上の注意にも「5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この添付文章を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。」と記載されていますので、上記期間で効果が表れない場合は、オロナインの使用をやめましょう。

コメントを残す