オロナインでニキビが悪化する!?

Sponsored Link

当サイトでは、ニキビ(特に炎症ニキビ)の応急処置方法として、オロナインの使い方をご紹介していますが、それは、そもそもオロナインの効果効能の項目に「にきび」と一番最初に記載されているからなのですが。。。

 

インターネット上で、「オロナインを使ったらニキビが悪化してしまった」という書き込みを見かけました(゚д゚)!

 

ん!?ニキビに効くはずのオロナインで悪化!?

 

なぜ、「悪化した」と書き込まれてしまうのでしょう。
気になって調べてみました( `ー´)ノ

 

それは、オロナインに含まれる成分に原因があるとのこと。

まず、オロナインに含まれる「クロルヘキシジングルコン酸塩液」という有効成分。
これは外用殺菌消毒剤の作用をもっている成分であり、これにより、炎症を起こしたニキビには効果があるのだそうです。
問題はそれ以外の成分です。

 

オロナインには、オリーブ油等の油分が含まれています。
この為、皮脂が原因のニキビでは、余計に皮脂が増えることになり、効果が出ないどころか、ニキビが悪化してしまう可能性があるようなのです。

 

これが、インターネットで言われている、「オロナインでニキビが悪化」の原因かと思われます。
結局、効果が発揮できるものとできないものがあるということは、使用するニキビによるということでしょうか?

 

オロナインの「効能・効果」には、はたけ、やけど(かるいもの)、 ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、 しらくもなど様々な症状が記載されており、ニキビ専用の薬ではありません。

急にニキビが出来てしまった時の応急処置としては良いかもしれませんが、基本的に使うならば、ニキビ専用の治療薬やニキビケア専用の化粧品(ノンコメドジェニックコスメ)がベストです。

皮脂性のニキビ、特に思春期ニキビの場合は、使用を控えた方が良さそうですね。

コメントを残す