ニキビケアにはオロナイン?それともニベア?

Sponsored Link

ネットでニキビケアのアイテムを検索してみると、オロナインだけでなくニベアも効くという情報に出会うのですが、本当のところはどうなのでしょうか?
ニベアって、 ニキビに良いの?悪いの?・・・気になりますよね(#^.^#)

 

ニベアのニキビへの効果

オロナインとニベアに共通していることは、2種類共に、色々な保湿成分が入っているということであり、乾燥が原因でニキビを引き起こしている人には、効果があると言われています

 

しかし・・・実はそれぞれに含まれている保湿成分=油分故に、ニキビが悪化するという、逆の効果も報告されているのです。

 

例えば、オロナインについてはニキビ オロナイン 悪化でもご紹介した通り、含まれるオリーブ油が皮脂が原因のニキビを悪化させる可能性があるようです。

そしてニベアには、ミネラルオイル、ワセリン、スクワラン、ホホバ油といった油分が含まれているわけで、オロナインと同様、皮脂が原因のニキビでは余計に皮脂が増えることになり、ニキビが悪化してしまう可能性が指摘されています

ニベア青缶

ちなみに、個人的な経験なのですが、私は一度だけ、ニキビができた肌にニベアを試したことがありまして(#^.^#)
洗顔した上で、化粧水後に薄くニベアを塗布しましたが、ピリピリとした感じがちょっとあったものの、そのまま一晩置いてみたんです。

翌朝、ニキビは特に変わっていませんでした(>_<)
肌はしっとりとした感じでしたが。。。

 

考えてみれば、ニベアに殺菌効果はないので、ニキビの治療にはなりませんよね。
また、たまたま炎症気味のニキビだったので、塗布後にピリピリとした感じがしたのかもしれませんが、私のニキビには合わないと思い、私はその後ニキビケアではニベアを使用していません。

 

印象としては、ニベアは乾燥によるニキビ予防にはなるとは思いますが、できてしまったニキビのケアには不向きな気がします。
それならば、やはりニベアではなく、オロナインかな・・・と思いますね。

コメントを残す