ニキビ肌に洗顔フォームはよくない?

Sponsored Link

ニキビ肌の洗顔で気になることの一つが、「洗顔フォーム」は使っても大丈夫?・・・ということ。

 

これについては、ニキビ 洗顔石鹸でご紹介したように、ニキビ肌のケアに石鹸派がとても多いことからも頷けますよね。

確かに、一般的には、洗顔フォームは「合成界面活性剤」が入っている洗顔料です。

 

合成界面活性剤とは?
合成界面活性剤」とは、洗濯洗剤や食器用洗剤などにも入っている汚れを落とすために必要な成分で、本来は混ざり合わない水と油が混ざり合うようにするためのものです。
この成分は、洗浄力が強く、皮脂や汚れだけを落とすだけでなく、セラミドなどの肌に大切な保湿成分までも落とし、更には肌のバリアも壊す働きがあるんですね。。。

 

しかし、この界面活性剤自体は、とても有用な成分で、洗剤だけではなく、他のクリームは食べ物のアイスクリームなどにも使用されている成分です。

水分と油分を合わせた製品はいずれも、この界面活性剤があって初めて成り立っているということですね。

 

つまり、界面活性剤が問題となるのは、石油由来の合成界面活性剤であるときです。
これが先ほど洗剤の例で挙げさせていただいたように、肌のうるおい成分まで奪ってしまう危険な存在。
洗顔フォームが危険視されるのは、この合成界面活性剤が使われていることによりますね( 一一)

 

とはいえ、洗顔フォームを使っても、乾燥を感じることは少ないと思います。
それは、「合成界面活性剤」が肌の持っている保湿成分を持って行ってしまう代わりに、保湿成分を洗顔フォームに加えることによって、乾燥を感じられない肌にしているからです。
その結果、洗顔フォームを使っても気づかないまま、自分の保湿成分は失われていき、乾燥肌へなっていくことが多いんですね(>_<)

 

しかし、実際は、すべての洗顔フォームがそのように肌にとって危険なわけではなく、どの洗顔フォームを使うか、その商品自体の問題でもあります。
我が家では、ニキビケア用の洗顔フォームを使っていることもあって、子供も私も洗顔フォームによる乾燥は起こっていません。
合成界面活性剤が含まれていないからですね!(^^)!

 

ちなみに、使っているのは、富士フィルムのニキビケア専用コスメ「ルナメアAC」シリーズの「ファイバーフォーム」。

P1000882

豊かなもっちりとした泡立ちの中に、肌に優しい繊維状のスクラブ(ファイバースクラブ)が含まれているので、肌への刺激にはならずにしっかり汚れを落とすことができるんですよ(*^^)v

フォーム

もしも、洗顔フォームを使用していて慢性的にニキビに悩んでいる方は、その洗顔フォーム自体に問題があるかもしれませんので、ニキビケア用に変えてみてはいかがでしょうか?
それだけでも、ニキビが減るかもしれません。

 

それには、ルナメアAC「ファイバーフォーム」はおすすめですよ!

本当にいいのか試してみたい方は、1,000円で通販限定の1週間トライアルキット がありますので、まずそちらを購入されてみてはいかがでしょうか?

 

慢性的なニキビ肌の人は、毎日使っている何かがニキビの原因になっている可能性があります。
一度1つずつ見直してみるのも良いかもしれませんね。

コメントを残す