鼻の下にできるニキビの原因は・・・

Sponsored Link

鼻の下にポツンと大きなニキビができてしまうこと、女性であれば誰もが経験したことがあるかと思います。
顔の縦の中心線に沿ってできるニキビって、特に痛いんですよね(>_<)
潰すと跡が残るから・・・と私も子供の頃、母によく「むやみに触らないように」と注意されました(#^.^#)

 

昨日までなかったはずなのに、突然現れる鼻の下のニキビは、とても目立つ厄介な存在でもありますよね。
鼻の下はニキビができやすいとされている場所で、できる原因もハッキリとしています。
体内の皮脂が過剰に分泌されてしまうことによって、ニキビが発生しやすくなってしまい、ポツポツと出現してしまうのです。

 

では、なぜ皮脂が過剰分泌されてしまうのでしょう?

nayamujosei

皮脂の過剰分泌の原因

皮脂が過剰に分泌されてしまう原因は、一つにはホルモンバランスの乱れが影響しています。

 

ホルモンバランスは体の調子を整えてくれる働きがあるため、乱れてしまうと体にいろいろな不調を引き起こしてしまいますね。
そのホルモンバランスが乱れる原因としては

1.睡眠不足
2.ストレス
3.生理や妊娠などの影響


の3つが考えられます。
3はともかく、基本的には1と2が主な原因となっていることがほとんどですね(>_<)

ニキビを予防するためには、睡眠時間を十分確保した規則正しい生活を送り、ストレスを溜め込まないようにする(ストレス解消法を見つける)ことが大切です。

 

また乾燥が皮脂の過剰分泌を招く原因にもなるので、洗顔にも注意が必要です。

肌に優しい、洗浄力がほどほどの石鹸若しくは石鹸成分の洗顔フォームを使うことをオススメします。

皮脂をすべて取り除かなければ!・・・と洗浄力の強い洗顔料を使ったり、何回もしっかり洗顔を繰り返すのはNG(>_<)

 

そして洗顔後は、化粧水や美容液での保湿も忘れず行うようにすればニキビの改善に繋がりますね。

コメントを残す