ニキビを潰すと出てくる芯や血の対処法

Sponsored Link

ニキビができると、つい気になって潰してしまう人、多いですよね。
ニキビを早く治そうとして、故意に潰す場合もあると思いますが、医師ではない私たち素人が肌にダメージなくつぶすことは結構難しいものなんですよね。。。

Squeezing pimple blackheads from the nose with finger nails

確かに、ニキビはふさがれた毛穴の中で炎症が進むことが問題なので、面皰は解消してあげたほうがいいものではあります。

 

しかし、ニキビを潰してしまうと血がでてしまったり、症状を余計に悪化させてしまう場合もあります(>_<)
最悪の場合ニキビ跡が残ってしまうため、自己流のお手入れをすることは、あまりおすすめできません。
ニキビが潰れてしまったり潰してしまった時には、白い芯を全て出し切ってしまい、その上から抗菌剤を塗ることでニキビ症状の悪化を抑えることができます。

その際、芯を出したあと血がでて、さらに透明な液が出てきますが、その透明な液は取り切らないようにしましょう。
というのも、その透明な液は浸出液と呼ばれるもので、傷を治すのに重要な働きがあるようなのです。
この浸出液をキープすることによって、ニキビ跡を残さず綺麗に治すことができるそうなんですよ( ゚Д゚)!

 

ただし、黄色い膿の場合は別です。

万が一、炎症ニキビ(これは自分で潰さない方がいいんですよ!)を潰してニキビから血がでてしまった場合は、膿も一緒に出し切るようにすることをおすすめします

 

膿はバイキンの塊なので、残っていると肌に悪影響を及ぼす可能性があります。 膿を出すときは、あまり力を入れずにそっと優しく押し出すようにするようにしましょう。

 

でもやっぱり、これはちょっと危険な治療法です(>_<)
炎症ニキビの場合は、専門のお医者さんに任せましょうね( `ー´)ノ

スポンサードリンク

コメントを残す