大人ニキビにおけるホルモンバランスの重要性とは

Sponsored Link

大人ニキビができる原因として、ホルモンバランスの乱れもその一つに挙げられますが、このホルモンバランスは、大人ニキビの治療のカギともなる大事な要素です。


Acne skin because the disorders of sebaceous glands productions

なぜこれほどまでにホルモンバランスを整えることが大切なのか、ニキビに影響を与えるホルモンを具体的にみていくことで正しく理解しておきましょう( `ー´)ノ

 

男性ホルモンの影響
そもそも私たちの身体には、男性であっても女性ホルモンが体内に存在するように、女性にも男性ホルモンが存在します。
これらがバランスを保ちながら分泌されているのですが、特に女性においては、生理の周期やストレスなどにより男性ホルモンが優位の状態になると、肌荒れやニキビが発生するようですね。

これは、男性ホルモンが肌の角質を固くさせる「角化」を引き起こすためと、皮脂の過剰分泌を促すためなのだそうです(゚д゚)!

 

つまり、毛穴に角栓が詰まりやすい状況を作り出し、かつ皮脂の分泌が増えることでよりニキビができやすくなるということなのです。

 
女性ホルモンの影響
一方、女性ホルモンは「美のホルモン」という別名があるくらい、肌にとっては良い影響をもたらしてくれるようです
皮脂の分泌が抑えられると同時に、肌は柔らかくみずみずしい状態を保つことができ、自律神経も安定するんですね。

 

だから、皮膚科で受ける大人ニキビの治療には「ホルモン療法」というものも存在し、ホルモン製剤を注射したり、ピルを服用することで女性ホルモン優位の状態を作り出したりするそうです。

 

でも注意しなければいけないのは、女性ホルモンが肌に良い影響を与えるからといってあまり過剰にするのはよくない結果も招く可能性があるということ。
それは、乳がんや子宮筋腫、子宮内膜症といった婦人病を誘発するリスクが高まるということを意味するようです。

ここ、とても気になりますよね(゚д゚)!
結局、女性ホルモンにも一長一短あるということであり、多ければいいというものではないんですね。

 

いろいろ調べてよくわかりましたが、大人ニキビとホルモンの関係は予想以上に密接で、ニキビを予防・改善するためにもホルモンバランスを整えることは重要な要素であることに違いはありません。

日常生活の中でもホルモンバランスを乱すきっかけとなるストレスや不規則な生活は控えなければいけませんね(>_<)

コメントを残す