ニキビの原因となる皮脂はお肌の大敵なの?

Sponsored Link

ニキビができる仕組みは、大人ニキビの箇所で詳しく述べたように、毛穴が角栓で詰まってしまったところに皮脂がたまることで発生してしまいます。

だから、「皮脂は徹底的に取り除くべき!」とばかりに、ニキビケア用品にはさっぱりさせるようなタイプの洗顔料が多く販売されているのですが、皮脂ってお肌にとって大敵なのでしょうか?

 

皮脂の役割

ここでちょっと私たちの肌の構造についてみてみましょう(*^-^*)

il_skin_001

図のように、皮膚は外側から表皮層→真皮層→皮下組織というふうに層をなしていて、表皮層の中の一番外側の角質層において、油分と水分がバランスをとりながらバリア機能を形成し、細胞が保持した水分の蒸発や外部からの刺激に対して肌を守っています。

でももう一つ、そんな角質層を覆って保護してくれるのが皮脂なのです(゚д゚)!

 

つまり、皮脂は肌を乾燥からと外部の刺激から守る第一バリアの役目を果たしてくれているということなんですね。

 

では、そんな皮脂がニキビを発生させる原因になるのはどうして?・・・って思いますよね。
それは、「過剰分泌」がいけないだけなんです!

皮脂の過剰分泌を招く原因といえば、
  • 強すぎる洗浄力の洗顔料を使ったり、ゴシゴシ洗ったりする行き過ぎたスキンケア
  • 男性ホルモン優位の状態を作り出すストレスの多い生活習慣
 

 

こういったことが本来必要とされる皮脂の量を超える過剰分泌をもたらし、ニキビを発生させてしまっているのです。

だから、私たちがニキビケアのために気をつけなければいけないことは、皮脂を取り除くことではなく、皮脂を過剰分泌させないこと。

そのためのスキンケアなり生活スタイルに整えていかなければいけないということなのです( `ー´)ノ

コメントを残す