有胞子性乳酸菌にはどのような種類があるの?

Sponsored Link

私たちの腸に生きたまま届きやすく、腸内で胞子を形成することで長く腸内にとどまってくれる「有胞子性乳酸菌。
その強さと活動性の高さは、まさに「特別な乳酸菌」と言えますよね(*^-^*)

 

では、有胞子性乳酸菌には具体的にどのような菌があるのでしょうか?

 

そもそも「有胞子性乳酸菌」とは、胞子を有する乳酸菌の総称です。

つまり、そういう菌がいくつかあるということですが、有胞子性乳酸菌の中で有名なものは、「ラクリス菌」と「スポロ乳酸菌」といわれています

 

こういう菌の名前、聞いたことありません?
私は子供の頃、「スポロン」というグリコの乳酸菌飲料があったのを思い出しました(*^▽^*)
確か、今も販売されていますよね。
この有胞子性乳酸菌を使ったヨーグルト飲料だったんですねww

スポロン

有胞子性乳酸菌は、一般的な乳酸菌にはない、優れた性質を持っているのが特徴です。
たとえば、ラクリス菌は環境の変化にも対応することができ、菌が死んでしまうことがありません。

 

一般的な乳酸菌は自分の適した環境でしか生きられないため、乾燥や熱などの変化に耐えることができずに死んでしまいます。
ラクリス菌であれば、こういった環境の変化にも強いため、腸まで生きたまま届けることができます。

 

そして、腸まで到達したラクリス菌は「善玉菌」としての効果をもたらしてくれるため、お腹の調子を整えてくれるんですよね(*^-^*)

 

また、この有胞子性乳酸菌は、食品にも利用可能なのが利点です。
私たちの身近なものですと、先ほどの「スポロン」やヨーグルト、「ビスコ」といった飲料やお菓子がありますね。

 

私自身、腸まで届く乳酸菌!というキャッチフレーズで販売されているヨーグルトなどを食べると、次の日体の調子が良かったりすることがあります。

手軽に摂取することができ、腸内環境も良くしてくれる、素晴らしい乳酸菌といえますね(*^-^*)

コメントを残す