有胞子性乳酸菌の効果とは?

Sponsored Link

生きたまま腸に届きやすく、長く腸にとどまることで腸内環境を良好に保つ効働きをしてくれる有胞子性乳酸菌ですが、腸内環境を整えることによって、具体的にどのような効果がもたらされるのでしょうか?

Woman's Fingers Touching her body parts, heart shaped fingers

美肌効果
腸内環境が整うことによって便秘が解消されるため、腸内に有害なガスがたまることなくキレイな血液が維持できます。
すると、血液には栄養と酸素がたっぷり乗って体の隅々に届けられるため、肌は活き活きとしてきますね♪

 
ダイエット効果
便通をよくすることで体内の老廃物が排出され、お腹がすっきりします。
また、代謝がよくなる一方、コレステロールや血圧を下げる効果もあるため、太りにくくなりますね(^^)v

 
アレルギー改善効果
アトピーや花粉症といったアレルギーの症状は、腸内環境と密接な関係にあるといわれています。
腸内に長くとどまる有胞子性乳酸菌は、善玉菌を増やし腸内を整えますので、免疫力もアップしアレルギー症状の改善に効果を発揮します!

 
自律神経調整効果
呼吸や血液の循環、消化吸収を司る自律神経は、腸内環境と密接な関係にあり、それぞれが調子を悪くすると影響を受けるといわれています。

腸内環境が悪化すると自律神経も不調をきたし、様々な体調不良を招くことになるので、注意が必要ですね(^^;)

 

以上の他にも、口臭や体臭に影響したり、腸内環境の良し悪しは身体の様々な面に表れます。
乳酸菌は長く腸内にとどまることができない性質を持っているため、毎日継続的に体に取り入れる必要がありますね(*^-^*)

コメントを残す