万能野菜「オカワカメ」の効能とは?

Sponsored Link

最近注目されている野菜の一つに「オカワカメ」ってありますよね(#^.^#)

 

丘(=陸)で採れるわかめ・・・の意味でオカワカメ。
見た目や食感がわかめに似ていることから、そう呼ばれていますが、別名は「雲南百薬(ウンナンヒャクヤク)」だそうですよ。

オカワカメ②

このオカワカメって、いったいどんな効能があるのでしょうか?

 

オカワカメの効能

オカワカメは、熱帯アメリカまたは熱帯アジアに自生するツル性の多年草とのこと。

別名に「百薬」とあるように、オカワカメには葉酸をはじめ、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、銅といったミネラルや、ビタミンAを豊富に含むことから、万能野菜といわれているのです。


 

このオカワカメは湯がいてポン酢などで食べたり、お味噌汁に入れたりすると美味しいそうですね。
コリコリとした食感がわかめっぽく、粘り気があるとのことです。

 

オカワカメを食べることによって、次のような効果効能が期待できるようです。
  • 血液サラサラ効果
  • 糖尿病の改善
  • 白内障の改善
  • 生理痛の緩和
 

ここまでの効果があるとなると、野菜というより薬草といった方がいいかも知れませんね(#^.^#)

そして面白いのが、このオカワカメは、これからの季節に大活躍する「緑のカーテン」として最適だということです。

オカワカメ①

何でも初心者にも育てやすい植物なのだとか。

だから、日差しがもっときつくなるこれからの季節には、ベランダに植えるなどして、エアコンの温度設定を緩やかにするエコ対策をされるのがおすすめですね(#^.^#)

そして、ツルが伸びて葉が茂ってきたら、それを摘んで湯がいて食べる!

 

これで今年の熱中症対策は万全ですよね(#^.^#)

スポンサードリンク

コメントを残す