オリーブオイルが危険?

Sponsored Link

オリーブの果実から得られる植物油「オリーブオイル」は、オレイン酸を含んでいることから、美容と健康に良いといわれ、肌に塗ったり飲んだりと大活躍の美容オイルです。

体の外では、頭皮や髪のケアから足のかかとまで体全体に使用でき、乾燥肌対策に効果的だと言われていますよね(#^.^#)

 

ちょっと癖があるため、私のように肌がかゆくなったりあわない人もいますが、一般的にはクレンジングオイル替わりやマッサージオイルとして、そして何より保湿オイルとして多用されています

 

特に、オリーブの実をすり潰して搾っただけのオイルで、化学的な処理をしていない「エキストラバージンオリーブオイルと」は質がよいとされ、私たちも安心して使っていたりするのですが、実はこのエキストラバージンオイルは、結構偽装されやすいのだそうです(゚д゚)!

 

素人の私たちに、それが偽装されたものなのか、本当にピュアオイルといわれる高品質のものなのか見分けがつきにくいところですが、まずはボトルが目安となるようなので、覚えておきたいと思います( `ー´)ノ

エキストラバージンオリーブオイル

オリーブオイルは、光や熱、酸素に弱いので、黒っぽいガラスのビン、もしくはカンのような金属の容器に入っているのが正解だとか。
中身に気を遣っているようであれば、本物である確率が高いようです。

 

そして、高品質なエキストラバージンオリーブオイルは、そのまま飲んだり、水や炭酸水ですすげるくらいにサッパリしたものだそうです。
妙なべとつき感がないという点が高品質の証のようなので、それも見分ける目安にしたいですね。

 

いずれにしても、オリーブオイルをスキンケアに用いるならば、上記のような偽装物が混じっている可能性があるという危険があることは理解しておかなければいけませんし、精製度の高いものを選ぶよう心がけなければいけないようです。

 

それに、いくら美容に良いオイルだからといって、化膿したニキビがあるのにぬるような、間違った使い方には気をつけなければいけませんね(^^;)

十分に使い方も知っておく必要がありそうです。

コメントを残す