美容と健康に良い「オメガ3」とは?

Sponsored Link

荏胡麻(エゴマ)油や亜麻仁(アマニ)油が流行ったときにとても話題になったオメガ3。
最近、これらの油についてはあまり聞かなくなりましたが、どういうものか覚えていらっしゃるでしょうか?

 

本当は、「頭の良くなる成分」といわれたDHAが脚光を浴びた時期からオメガ3は注目され続けてきたのですが、気をつけて摂取することなどもう忘れてしまっている人が大半かもしれませんね(^^;)

 

そういう我が家も、一時、子供は学力向上のために、大人はボケ防止に飲んだ方がイイね・・・なんていってサプリを飲んでいたものですが、いつの間にか立ち消えになっていました。。。(>_<)

そのオメガ3。
健康はもちろん、美容面でもとても重要な成分なんです( ゚Д゚)!

なので、もう一度オメガ3の良さを再確認するために復習しておきましょう(#^.^#)

 

オメガ3とは?

そもそも脂肪酸は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれるのですが、オメガ3とは、その不飽和脂肪酸の仲間であり、健康のためにとるべきとされている「必須脂肪酸」の一つです。

 

青魚の油に含まれているDHAやEPA、エゴマや亜麻種子などの植物油に含まれているα-リノレン酸などの脂肪酸の総称ですね。

青魚
不飽和脂肪酸
  • オメガ3(必須脂肪酸)・・・α―リノレン酸
  • オメガ6(必須脂肪酸)・・・リノール酸
  • オメガ9・・・オレイン酸
 

この必須脂肪酸であるオメガ3をなぜ摂った方がいいのかというと、同じ油でも飽和亜脂肪酸と違って体に良い効果をもたらすから。
血流改善やコレステロール値の低下、アレルギー抑制など幅広い効果が期待されているからなのです。

 

動脈硬化の原因となるコレステロールは肉類に含まれる飽和脂肪酸から作られるもの。
同じ油でも決定的に内容が違うということですね( `ー´)ノ

コメントを残す