オメガ3とオメガ6はどう違うの?

Sponsored Link

健康に対する意識が高まり、健康オイルも注目されるようになってきました。
荏胡麻油、亜麻仁油、しそ油、ココナッツオイル・・・いろいろありますよね(*^-^*)

 

そんな中でオメガ脂肪酸は美容に高い効果があるとして、とても注目されています。

そして、その中でもオメガ3系とオメガ6系に分類されるオメガ脂肪酸は、それぞれどのような点に違いがあるのでしょうか?

 

オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸の違い

オメガ3とはでもご紹介させて頂きましたが、そもそも油には「不飽和脂肪酸」と「飽和脂肪酸」の2つの種類があります。

飽和脂肪酸は体内で蓄積されていくだけですが、不飽和脂肪酸は代謝がよく、体の臓器細胞の原料となってくれるメリットがあります。

 

また、その中でもオメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸は、体内では合成されないがゆえに体の外から摂取が必要な「必須脂肪酸」に分類されています。

 

オメガ3系脂肪酸は、新しい肌を作り出す原料となってくれたり、肌に透明感やうるおいを与えてくれる効果が期待できます。
オメガ6系脂肪酸もオメガ3系脂肪酸と同じく、新しい肌を作り出す原料となる働きがあるとされています。

そのほかにも、肌の細胞を元気に保とうとする性質があるので、良い肌の状態をキープでき、肌トラブルを防ぎやすくなります。

 

では、オメガ3系脂肪酸と6系脂肪酸はどういう点が違うのでしょうか?

 

まず考えられるのが成分としての安定性です。
α―リノレン酸主体のオメガ3系脂肪酸は酸化されやすいのに対し、リノール酸主体のオメガ6系脂肪酸は安定性が高い成分です。

 

また、食品から摂取する場合、オメガ6系脂肪酸は、サラダ油やコーン油、ひまわり油など揚げ物に使うような油からも摂取できますが、オメガ3系脂肪酸は青魚やクルミといった食品、または荏胡麻油や亜麻仁油といった努めて摂取しなければ体内に取り込むことはできません。

 

最近の日本人の食生活を考えると、オメガ3系脂肪酸は不足しがちになるといわれています。

あまりに不足する場合は、サプリなどを上手に活用しなければいけないかも知れませんね(^^;)

スポンサードリンク

コメントを残す