オメガ3系脂肪酸を摂取することで得られる効果とは?

Sponsored Link

同じ油でも飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸では、体にもたらす影響に大きな違いがあるようです。

 

肉類などに含まれる飽和脂肪酸は、摂取量が少なすぎるのも脳卒中のリスクが高まるためよくないといわれていますが、摂取し過ぎると、LDLコレステロールが増加し、心筋梗塞や糖尿病のリスクが高まってしまいます(>_<)

 

しかし、不飽和脂肪酸・・・特にオメガ3系脂肪酸はというと、摂取することで脂肪燃焼効果が高まったり、肌の新陳代謝が促進されたり、さらに血液がサラサラになることで生活習慣病を予防することが可能となります(#^.^#)

stockfoto_23802898_XS

その具体的な効果をあげると次のような感じですね。

  • 中性脂肪を下げる
  • コレステロールを下げる(悪玉コレステロールを下げる)
  • メタボリックシンドローム予防
  • 高血脂症の予防
  • 脂肪肝(肝臓の病気)の予防
  • 動脈硬化・心筋梗塞の予防
  • 関節炎の痛み緩和
  • 脳機能を活性化させ記憶力や学習能力を高める効果
  • 皮膚のしわやたるみ予防、アンチエイジング効果
  • うつ症状の軽減効果、アレルギー抑制効果
 

いかがでしょう?
オメガ3は単に血液と血管に関することだけではなく、神経系統のうつ症状の軽減にまで効果が発揮されるようです(゚д゚)!

アレルギーを抑制する効果もあるのであれば、アトピーや花粉症対策にも有効ということでしょうか。
それならば、サプリメントでぜひ安定的に摂取していきたいですね。

コメントを残す