オメガ3系脂肪酸がアトピーを改善する!?

Sponsored Link

油はアトピーにとって「悪いもの」だと言われていますが、実はアトピーにとって効果的な油もあることをご存知でしょうか?

それが今回取り上げているオメガ3系脂肪酸です(^^)v
「オメガ3脂肪酸」は摂取することでわアトピーの症状改善につながる可能性があると言われています。

 

実際に、幼少より酷いアトピーに悩まされてきた知人は、症状を抑えるためにオメガ3脂肪酸のサプリを飲んでいるといっていましたし、食生活では積極的に荏胡麻油を使って食べています。

そうすることで、痒みや肌荒れなどの症状が楽になるといっていますね(#^.^#)

Itching In A Woman

但し、これが同じ不飽和脂肪酸でもオメガ6系脂肪酸になると話は別です。
オメガ3系脂肪酸と同じ必須脂肪酸とはいえ、オメガ6系を摂りすぎると血液がドロドロになってしまいます(>_<)

こうしたオメガ6系の摂りすぎの結果、オメガ3系とオメガ6系のバランスが大幅に崩れ、アトピーや花粉症といったアレルギー疾患を悪化させる大きな原因となってしまうようです。

 

理想的な割合としては、オメガ3対オメガ6は1:4といわれています。
オメガ6系・・・ひいてはリノール酸は自然に生活していても白米などから摂取されて不足することはないようですので、オメガ3系を務めて摂取するようにしたいですね(*^-^*)

そうすることでバランスが整い、アトピーや花粉症などのアレルギー症状も治まると考えられます。

血液もサラサラになるので、肌の代謝も上がります。

 

オメガ3系脂肪酸を摂取するときのポイント
オメガ3系脂肪酸は体内で作られないものだけに、食品などから摂取する必要があります。
ですがが、食事でオメガ3系脂肪酸をとる場合、ひとつ注意することがあります。
オメガ3系脂肪酸は、安定性の弱い成分で加熱してしまうと酸化する性質があるため、熱は通さずに摂取することが重要なポイントです。

酸化はアトピーの大敵ですので、せっかくの効果が台無しになってしまいます。
ぜひその点は気をつけて摂取するようにしたいですね。

コメントを残す