「パラベンフリー」ということは・・・

Sponsored Link

化粧品などに配合されている成分の一つ「パラベン」については、パラベンとはでどのような成分なのかをご紹介しましたが、「パラベンフリー」の化粧品についてもう少し考えてみたいと思います(*^-^*)

 

パラベンとは、防腐剤として使われる成分のことです。
抗菌性が高く毒性が低い特徴を活かして、食品や医薬品、化粧品などの防腐剤として使われているようですね。

 

だから、化粧品などにたまに見かける「 パラベンフリー」は、防腐剤不使用の化粧品ということなのです。

 

そもそもパラベンにはメリットとデメリットがあり、必ずしもパラベンが人体に悪影響を及ぼすわけではないようです。

 

メリットとしては、化粧品や食品などをカビや空気中の浮遊菌、指など肌についている常在菌から守ってくれます。
だから、化粧品や食品の品質が安定しますよね(#^.^#)

そしてデメリットとしては、天然由来ではないためアレルギーを起こす可能性があるとされています。
そのためでしょうか、パラベンフリーの化粧品などは肌に良いというイメージがありますね。

 

そんなパラベンの代わりに使われるようになった防腐剤が、天然由来のフェノキシエタノールです。
パラベンフリーの化粧品には、このフェノキシエタノールが配合されていたりしていますね。

 

ですが、パラベンに比べると効果は弱く、パラベンより多くの量を入れるか、腐る前に早く化粧品を使い終わらせないといけません。
菌によって変質してしまう可能性があるからです( `ー´)ノ

 

現在の研究では、適度の量ならパラベンは人体に悪影響を及ぼさないという実験結果もあります。
敏感肌などの肌が弱い方でなければ、パラベン配合の化粧品なら長く使うことができて良いかもしれません。

 

ただ、アレルギー体質で少しでもその原因となる物質をとりたくない・・・という場合には、はやり「パラベンフリー」がおすすめと思われます。

肌質や化粧品を使う期間によって、パラベンフリーのもの、そうでないものを選ぶといいということのようですね。

 

因みに、ファンケルの化粧品シリーズは、そのパラベンフリーで無添加の化粧品です♪

P1010637

写真のファンケル「アクティブコンディショニングEX」は、1カ月の使い切りタイプです。

 

「アクティブ」と化粧品名にあるように「アクティブセラミド」というファンケル独自のうるおい成分が配合されていますし、適応型コラーゲンと言って、いくつかタイプのあるコラーゲンすべてに働きかけ、肌本来のハリと弾力をよみがえらせてくれる低分子コラーゲンもたっぷり入っています!

乾燥肌の人には特におすすめで、化粧水は「化粧液」と呼ぶ、とても濃密なローションなんですよ♪
化粧ポーチなどもついて盛りだくさんのお得なおためしキットがありましたので、おすすめです(#^.^#)

P1010634

>>>【ファンケル】アクティブコンディショニングお試しキャンペーン

コメントを残す