オルビス化粧品はパラベンフリー?

Sponsored Link

防腐剤のパラベンについては、化粧品においても少量しか配合されていない安全性の高い防腐剤とご紹介してきました。

設けられている配合量の制限は1%ということですし、このくらいの量ならば、基本的に肌へ問題は全くないとのこと。

 

しかし、アレルギー体質の敏感肌の人にとっては、それもあれる減となる可能性があるため、そういった方々にはパラベンフリーの化粧品が人気なんですよね。

 

そんなパラベンフリーの化粧品として、オルビスもよく評判に上がってきます。
オルビスといえば、ファンケルと同じく「無添加化粧品」として有名ですもんね(#^.^#)

アクアフォース

ただ、ネットをいろいろ検索してみると、オルビスに関する評価も分かれている部分があります。
それは、オルビスが「パラベンフリー」という噂が先行していますが、代わりに「メチルパラベン」や「フェノキシエタノール」が使われているからです。
これらの成分は、パラベンをより低刺激にした感じの成分ですね。

 

オルビス化粧品
オルビスは、油分不使用で合成界面活性剤不使用、無香料、無着色と言われています。 (一部商品により異なる)

オルビスでは、一定の防腐力を持っていない化粧品は、容器の内の全ての量を使いきる間に手や指もしくは空気中の浮遊細菌の混入によって、腐敗や変質しかえってお肌に害を与えるとの考えから、パラベンなどの防腐剤を必要最低限の量に限り配合しているようです。

 

だから、正確には「パラベンフリー」ではない・・・というところでしょうか?
(ただ、パラベンを使っていることが「悪」なわけではないので、勘違いしないでくださいねww)

 

オルビス商品は、ニキビ肌を改善してくれますし、価格がお手頃。
それに何より、肌への負担が少なく敏感肌の人にもよい…との評判が多い化粧品なんです。

>>>水のチカラのうるおいスキンケア「オルビス アクアフォース」


しかし、これさえも刺激に感じてしまうレベルの敏感肌の方もいらっしゃる・・・
本当に重度に敏感肌の方は大変ですよね。。。

 

私自身も肌は弱めですが、ファンケルやオルビスの化粧品は全然大丈夫(#^.^#)

 

なので、オルビス化粧品は、普通レベルの敏感肌にはOKですが、中には合わない場合もある・・・と考え、心配な方はパッチテストやお試し商品で確認してからの購入を心がけるようにして下さいね(#^.^#)



コメントを残す