ワインでポリフェノール補給♪

Sponsored Link

女性が大好きなアルコールといえば、ワインですよね♪

アルコールは身体に良くないイメージがあるかも知れませんが、実は、多くの人が飲まれるこのワインには、ブドウから取れるポリフェノールやビタミン、ミネラルなどが多く含まれているのです。

SW193_L

これらの成分を食品から摂取した場合、体内に吸収されるのはわずか30~40%だそうですが、ワインから摂取した場合だと100%吸収されると言われています。

すごい吸収率ですよね(゚д゚)!

 

その中でも、赤ワインに多く含まれているポリフェノールには、様々な効果が期待されています。

 

抗酸化作用によって体内にある悪玉活性酸素と融合して消滅させることで、まずコレステロールの酸化を抑えて血液をさらさらにしてくれます。

それによってコレステロール値を下げたり、動脈硬化の予防、そして目の疲れを癒やす効果にも繋がるのです。

 

また近年、赤ワインにはレスベラトロールという抗酸化成分(ポリフェノールの一種)も発見されています。

この成分については、ポリフェノール レスベラトロールでご紹介させて頂きましたが、老化防止成分としてお肌にイイんですよね(*^▽^*)

紫外線やストレス、喫煙などによって増えた活性酸素を消滅させることで、肌の老化を抑えたり、殺菌作用によってニキビや肌荒れを予防します。

 

それに、レスベラトロールには殺ガン物質があるとして、ガン治療薬に使おうと現在研究が進められているほど大きなガン予防が期待されています。

 

ですがアルコールも過度に取り過ぎると体に毒となります。
1日にワイングラス1~2杯ならフランス人のような血管の病気にかかりにくい効果を得られるかもしれませんが、過ぎると今度は毛って活性酸素が大量発生してしまいます( 一一)

なので、1日グラス1杯を目安にしてワインを楽しんで下さいね(*^-^*)

コメントを残す