ポリフェノールは1日にどのくらいの摂取量が望ましいの?

Sponsored Link

ポリフェノールはもともと私たちの体内には存在しない成分ですが、自然界には5,000種類ものポリフェノールが存在するといわれています。

 

植物の樹皮や表皮、種子などに含まれる色素成分や苦味・渋味成分なので、自然界にはそれこそあふれていますよね(*^-^*)

 

なので、これらを摂りこむことによって、人間の体のなかで抗酸化作用の働きをしてくれますし、健康の為にはできるだけこうした植物のちからを毎日体の中にしっかりと摂取したいところです。

この抗酸化作用は、化粧品で肌に塗ることでもかなり効果があるんですよ♪

stockfoto_97766929_XS

では、こうしたポリフェノールは1日当たりどのくらい摂取すればよいのでしょうか?
摂取量の目安を知ることで、食べる食品を調整したり、サプリメントで飲む場合の目安にしたいと思います(*^-^*)

 

ポリフェノール摂取量

毎日摂った方がよいとされるポリフェノール
研究機関が発表したところによると、1日に平均1000~1500mg摂取するのが理想的なようです。

 

体に蓄積されにくく3時間程度で抗酸化力がなくなるので、1度に大量に摂取しても無意味なので2~3時間ごとにこまめに摂取するのが理想的なのだそうですよ(#^.^#)

 

しかし、確かにポリフェノールは、身体に蓄積されないし効果が長続きしない成分ではありますが、コーヒーから過剰摂取してはカフェインの中毒症状が心配されますし、大豆イソフラボンから摂取すると、女性ホルモン(エストロゲン)の過剰濃度に影響を与えるかも知れません。

 

女性ホルモンのバランスが崩れると、自律神経に影響したり、婦人がんリスクの上昇という問題にもかかわってきますからね。。。

 

体にいいからと言って取りすぎることは、やっぱり反ってマイナス。

ほどほどを心がけたいですね。

コメントを残す