ポリフェノールの一つ「レスベラトロール」の効果って?

Sponsored Link

化粧品やサプリメントに配合されているのをよく見かける「レスベラトロール」という成分。
どういう効果があるのか気になったので、ちょっと調べてみました♪

 

レスベラトロールとは

レスベラトロールとは、ブドウから抽出されるエキスに含まれている、ポリフェノールの一種です。

長寿遺伝子と呼び名の高い「サーチュイン遺伝子」の活性化を促す働きがあるということで、近年話題沸騰の成分のようですね。

 

「サーチュイン遺伝子」とは、私たちの体内にある寿命を延ばすとされる長寿遺伝子のこと。
でもそもそも、サーチュイン遺伝子が活性化することによって、どんなメリットが起こるのでしょうか?

 

少々難しいお話になりますが。。。
人が老化するのには、「テロメア」という細胞の働きが影響しているようです。
テロメアは、老化時計(イヤな時計だなww)のような存在のため、テロメアが働くことで老化が促進される仕組みになっています。

 

しかし、サーチュイン遺伝子が活性化すると、テロメラーゼという酵素がテロメアの働きの短縮を促してくれるため、老化を抑制することにつながるというわけです。

そのサーチュイン遺伝子がレスベラトロールによって活性化し、細胞の寿命を延ばすということにつながるようですね。

 

サーチュイン遺伝子は、老化防止だけでなく、血管を元気に保つことができたり、脂肪細胞を抑制することで肥満を防ぐ働きもあるといわれています。
いわゆる「メタボ」の対策になるんですね( ̄▽ ̄)

 

そのため、健康なからだを維持できることにもつながるのです。
レズベラトロールを摂取することで、年を重ねるごとに起こるトラブルを予防できる可能性がある・・・現在、大注目されている理由はその効果にあるということですね。

コメントを残す