レスベラトロールは摂取量に気をつけなければいけない!?

Sponsored Link

レスベラトロールは、レスベラトロール 効果でご紹介したように、私たちの体内にある長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)を活性化する成分です。

 

ポリフェノールの一種なので、主にサンタベリーなどのブドウに含まれているのですが、私たちの身近なものだと、ワインに多く含まれています。
SW193_L

レスベラトロールを接種することで、メタボリックシンドロームや糖尿病などの病気の抑制につながるとされており、老化防止を促す働きも報告されているため、うまく摂取すれば体に良い影響をもたらしてくれる夢のような成分なのです。

 

しかし、いくら肥満防止・老化防止になるからと言って過剰に摂取してしまうと、逆に体に悪影響を及ぼしてしまうことがあるそうなのです(゚д゚)!

 

まだマウスでの実験段階とのことですが、規定の摂取量よりも多くとり続けてしまうと、様々な健康トラブルが発生する可能性があるようですので注意が必要です。

 

レスベラトロールの摂取量の目安は?

レスベラトロールの基本的な摂取量の目安は、人間の場合についてまだ信頼できるデータがないこともあって6㎎とも350㎎ともいわれ諸説が存在します。

大きく数字に開きがあるので、早く検証されたデータが欲しいところですね。
ですが、今の段階ではサプリメントの場合であれば、1日あたり50㎎程度と言われています。

そのため、サプリメントでエスベラトロールを摂取する場合は、購入した商品の目安量をきちんと把握し守ることが大切になりますね。

 

またレスベラトロールをワインから摂取しようという方法もありますが、ワインはアルコールですので、過剰摂取もとより、飲み過ぎに気をつけて適量を守るようにしてくださいね(*^-^*)

コメントを残す