レスベラトロールの副作用とは?

Sponsored Link

レスベラトロールは、近年話題になっている優れた抗酸化物質であり、肥満防止や老化防止の効果を持つ成分のため、とても注目されています。

 

主にワインの原料となるブドウに含まれていて摂取しやすいことからも、たくさんの期待を寄せられている成分なのです。
レズベラトロールは、上述の効果の他にも、認知症の予防にも効果が得られるとまで言われることがありますよね。

 

しかし、副作用が心配されていることも事実なのです。

 

レスベラトロールの副作用

レスベラトロールは、食品に自然に含まれている分を摂取するのであれば、副作用などの心配は特にないそうです。(もちろん、量的にも過剰摂取しないならば、ということですが。)

ただ、サプリメントとしてレスベラトロールを濃縮して添加してあるものなどを服用する場合には、気をつけなければならない点があるとのこと。

 

それは、レスベラトロールが女性ホルモンであるエストロゲン似たような働きをするため、ホルモン感受性疾患のある人がサプリメントで摂取する場合に副作用が心配される・・・ということなのです。

k3194

よく更年期障害の治療でホルモン補充療法を受ける場合、エストロゲンのみを長期で摂取し続けると、子宮がんのリスクが高まるといわれますよね。
なので、病院では期間を区切るか、プロゲステロンを並行摂取することでそうしたリスクを回避しているわけですが、この場合と同様の心配があるということなのです。

 

乳がん、子宮がん、卵巣がん、子宮内膜症、子宮筋腫など婦人科系の疾患がある方や治療中の方は、やみくもにレスベラトロールのサプリメントを摂取せず、病院で先生に相談なさってくださいね(#^.^#)

コメントを残す