美白成分「ルシノール」とは?

Sponsored Link

美白化粧品で「ルシノール」という成分が配合されているものもありますが、「ルシノール」も美白成分です。

 

この「ルシノール」は、大手化粧品会社のPOLA(ポーラ)が独自に開発した美白成分のことを言います。
原材料は、シベリアのもみの木であり、そこから成分を抽出して作られているらしいですね。

 

年を重ねていくごとに気になるのが、肌の「しみ」や「そばかす」ですが、ルシノールは、そんな世の中の女性の悩みを解消してくれる効果が期待できる、お助け役のような成分なのです。

しかも、その美白効果は、1998年に厚労省によって認可されているほど。
効果は折り紙付きということですね(*^-^*)

stockfoto_76879187_S22

ルシノールの美白効果

ルシノールは、メラニンを作り出す細胞である「メラノサイト」の働きを抑制してくれるため、シミが増えてしまうのを防ぐことができます。

 

その効果は「メラニンブロック機能」と呼ばれるもの。
チロシンとチロシナーゼが結びつく前に自身がチロシナーゼと結びつくことで、チロシンを寄せ付けないようにしてくれるようです。

こうしシミやそばかすの増加を抑えることで、肌のトーンも明るくなり、美しい肌を保つことができるようになりますね。

 

また、ルシノールには、肌への浸透力が良く、よく馴染むため、効果を早く体感することができるといわれています。
一般的な美容成分は、効果を得られるようになるまで時間がかかるものが多いのですが、ルシノールは即効性があるため、実感しやすい点がメリットとされています。

 

そして、ルシノールは植物を改良して生み出された成分のため、肌に優しく、敏感肌の方でも安心して使用することができます。
肌へのダメージもほとんどなく、副作用も比較的少ないため、美白効果だけを存分に感じることができる成分といわれていますね。

スポンサードリンク

コメントを残す