ルシノールに白斑の可能性はある?

Sponsored Link

美白化粧品で心配される肌トラブルといえば、「白斑」。

 

数年前に大手化粧品メーカーであるカネボウが引き起こしてしまった、美白化粧品による白斑訴訟ですね(>_<)

 

白斑とは、肌(顔や手など)にできる白いシミで、皮膚の一部分の色素が抜け落ちて、その部分が小さな白い斑点の様になったりまだらになったりする状態のこと。
範囲の広さもバラバラですし、一度なってしまうと治りにくく長期の治療が必要な厄介な白抜け状態なんです(>_<)

 

これが、カネボウの美白化粧品を使っていた人に少なからずでてしまった。。。
ニュースでご覧になった方も多いと思いますが、酷い人になると、見るのも無残なまだらな肌になってしまっていたんです(>_<)
この時は、「ロドデノール」という美白成分の濃度に問題があったんでしたね。

 

そこで、美白化粧品である「ルシノール」にもこの白斑が心配されるのですが・・・

結論から言うと、ポーラの独自開発成分である「ルシノール」には、白斑の可能性はありません!

 

ポーラの代表的美白化粧品「ホワイトショット」にもロドデノールは配合されていませんし、ルシノールに白斑の心配はないとのこと。

メラニンの漂白成分であるハイドロキノンであれば、あまりに高濃度で使用していると可能性があるかも知れませんが、ルシノールの美白効果はそういったものではないので、気にすることはないようですね。

 

さらに、ルシノールに関しては、国内で指定されている安全性基準を全てクリアしていて、発売から白斑などのトラブル報告は一切ないのです。
これを聞くと安心ですよね(*^-^*)

 

それも「本当なの?」と不安な方は、ポーラに直接電話をすると詳しく安全性を説明して下さるので、ご自分で確認されると安心できると思いますよ(#^.^#)

スポンサードリンク

コメントを残す