皮膚科で処方されるルシノールとは?

Sponsored Link

正式な化学名が「4-n-ブチルレゾルシノール」というルシノール。
大手化粧品メーカのPOLAが研究開発を行ない、その効果が1998年に厚労省によって承認された美白成分です。

 

この成分は、当然POLAの主力美白化粧品に配合されているのですが、成分の安定性と刺激性のなさから皮膚科のシミ治療においても処方されています。

この関連でちょっと皮膚科で処方されるシミ治療薬について触れておきますね(#^.^#)

 

皮膚科で処方されるシミ治療薬

シミ治療で皮膚科を受診した場合、レーザー治療を希望しない場合は、内服薬と外用薬が処方されることになります。

 

内服薬として多いのは、トラネキサム酸製剤やビタミンC製剤。
「シナール」という顆粒状のお薬が一般的ですよね。
これらの内服薬は保険適用で処方可能です。

 

そして、外用薬として処方されるのがルシノール配合クリーム。
ハイドロキノンもシミ治療に処方されますが、こちらはどうしても肌への刺激性があり、赤みやヒリヒリといった副作用を生じる場合があるので、それが心配される方にはルシノールが処方されているようですね。

 

但し、先の内服薬は保険が適用されても、外用薬については、ほぼ適用外の自由診療。

レーザー治療同様、すべて自己負担での治療となります。

 

それでも忘れてはいけないのは、ルシノールの場合は、今あるシミを薄くするというよりは、これ以上シミを濃くしないための治療薬だということ。

シミを消したいのであれば、ハイドロキノンとトレチノインを外用するか、レーザー照射を受ける必要がありますね(#^.^#)

スポンサードリンク

コメントを残す