肌にダメージをもたらす紫外線とは?

Sponsored Link

シミをつくったりしわやたるみの原因になったり・・・
紫外線肌にダメージをもたらすものとして知られていますよね。

でも、漠然と「肌に良くない」と理解しているだけで、どのように良くないのか詳しく理解していない方もいらっしゃるかもしれません。

なので、紫外線のどのような点が肌のどこに良くない影響を及ぼすのか、そういったことについてまとめてみたいと思います( `ー´)ノ

紫外線

紫外線の種類について

「紫外線」と私たちが読んでいるものの中には種類があります。
波長の長いものから順に、UVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)の3種類ですね。

 

そのうちUVCは、地球の大気によって遮断され地上まで届かないそうです。
よって、私たちが普段受けている紫外線はUVAとUVBの2種類。
この2つが、それぞれに異なる場所にダメージを与えているのです(>_<)

 

1.UVA(紫外線A波)
UVAは波長の長い紫外線のため、肌の深い部分である真皮層に届きダメージを与えます。
そのため、真皮層内部で網の目のように張り巡らされベッドのスプリングの役目をしているエラスチンやコラーゲンを壊します。

その結果、肌のハリと弾力が失われ、シワやたるみの原因になったり、潤い成分であるコラーゲンが減少することによって、肌が乾燥することになり、そこからさらに乾燥がもとで起こるさまざまな肌トラブルのきっかけになってしまうんですね。

 

2.UVB(紫外線波)
UVBは波長の短い紫外線なので、肌表面の角質層に対してダメージを与えます。
そのため、肌で起こるのは、ダメージへの防衛反応としてメラニンが生成し沈着することよるシミの発生。

またこれには、紫外線による肌の乾燥が新陳代謝を乱し、肌の生まれ変わりであるターンオーバーの停滞に影響を与えている面も指摘されていますね。

stockfoto_63647197_XS

とはいえ、太陽の光は私たちの体に必要なものでもあり、長く当たっていないと免疫力が低くなることで病気にかかりやすいとも言われています。
要は、紫外線によるダメージを受け過ぎないように注意すればいいわけですから、外出や日の当たる室内で過ごす時にきちんと紫外線対策をしていきましょう。

コメントを残す