厄介な紫外線アレルギーにご用心

Sponsored Link

紫外線によるダメージは本当に肌にとって良くないもので、単にシミやしわができるといった美容面にとどまらない場合があります。
それが紫外線アレルギー(>_<)
紫外線アレルギーは、日光アレルギー・日光過敏症・日光性皮膚炎とも言われ、日光や日光の紫外線によっておこるアレルギー反応の事なのです。

紫外線アレルギーが厄介な点は、花粉症の様に年齢や性別関係なく突然症状が起こり、一旦発症すると治りにくいこと。
言ってみれば、紫外線を浴びて生活している以上、いつ発症してもおかしくないのです(゚д゚)!

 

実は、私のテニス仲間の中にも、この紫外線アレルギーが出てしまい、外でプレーすることができなくなった女性がいます。
彼女の場合は、蕁麻疹のように肌が赤くただれてかゆくなる症状でしたが、一旦出てしまうと日焼け止めではどうしようもなく、もう紫外線を極力避けるしかない・・・という本当に気の毒な状態でした。。。

 

調べてみると、どうやら抗体が一定量を越えると症状が出るようですが、その一定量はひとそれぞれ違うのだそうです。

 

どんな場所に表れるかというと、一般的には日の当たった部分に表れる皮膚の症状が多く、症状としては、赤くなる・じんましん・みずぶくれ・腫れ・かぶれといったもの。
また目にも表れることがあり、充血、異物感、涙がでる・・・といったものだそうです。
それが全身に表れると、頭痛、発熱、吐き気・・・

 

表れる場所により症状がいろいろあるので、湿疹以外はそれが紫外線のせいだなんて気づきにくいかもしれませんね(>_<)

248800

そんな風に突然症状が出るので、紫外線が原因と思わない人が多いみたいですが、紫外線を浴びた後、上記のような症状が出た場合は、病院に行き「光線過敏症テスト」をしてもらうとすぐに判断できるみたいです。

 

この紫外線アレルギーは、先にも述べたように「一定量を越えると症状が出る」ということですので、真剣に紫外線対策を行なうようにしましょう( `ー´)ノ

スポンサードリンク

コメントを残す