紫外線の波長で気をつけるべきこととは

Sponsored Link

だんだん暖かくなるにつれ、太陽の角度も変わってきましたよね。
この紫外線が強くなってくる季節、これから特に紫外線ケアに注意を払わなければいけません。

紫外線

もちろん冬の間も紫外線はあるので紫外線対策は年中無休ですが、これからはそれが一層・・・という感じですね(>_<)

 

そもそも、紫外線には波長の長さによって種類がいくつかあり、私たちの肌に及ぼす影響もそれぞれ異なります。

  • A波・・・長波長で真皮祖に届きコラーゲンを破壊することでしわやたるみを招く
  • B波・・・短波長で角質層に作用。サンバーンをもたらし日焼けによるシミを作る
  • C波・・・オゾン層に吸収され地上には届かない
 

しかし、今年になって、紫外線A波をさらに細かくみて長波長の紫外線ケアが言われるようになりましたね(゚д゚)!
それが「Deep UVA」といわれるもの。

富士フィルムのアスタリフトのCMで言われている「長波長UVA」です。

 

このDeep UVAは、地上に届く紫外線の約50%を占めているようで、これまで問題にしてきたUVAよりもさらに肌奥深くまで届くといわれています。

しかも曇り空でも、ガラス窓の内側にいても届いてしまうので、室内や車に乗っているときも常に注意が必要ですね。

 

これを防ぐ為に必要なのが、日焼け止めの「PA」なのですが、Deep UVAの場合は、PA値が最高の「++++」であるか、Deep UVA専用の日焼け止めでなければ防げないようです。

 

こうした長波長の紫外線は、日焼けとなってすぐに表れるB波のようにわかりやすくはないので、厄介です。
ダメージを受けた直後は特に反応がみられないのですが、ダメージは確実に肌に蓄積され、時間差を置いてしわやたるみとなって表面に出てくるんですよね。。。( 一一)

 

なので、私たちとしては、とにかくPA値の高い日焼け止めを塗って防ぐしかないんです(>_<)

 

そんなDeep UVAを防ぐ美白クリーム。
CMされている通り、アスタリフトの「パーフェクトUVAクリアソリューション」がイイみたいですよ♪
今年の新商品です。

 

私もまだ使ったことがありません。

780円でトライアルキットが購入できますので、試してみてもいいですね~♪

スポンサードリンク

コメントを残す