紫外線の強い時間帯って?

Sponsored Link

紫外線は美肌にとって大敵!
シミだけでなく、コラーゲンを破壊することでしわやたるみの原因になりますし、ニキビに悩む人にとっては、悪化させる原因にもなります。

 

また、今問題視されている活性酸素も紫外線を浴びることで大量発生してしまうので、で消える限り紫外線はシャットアウトした方がいいのです( `ー´)ノ

紫外線

では、そのUV対策の方法なのですが、紫外線の強さによって調節して最適なものを行なうのがベストです。

 

というのも、「効果の高い日焼け止めを塗れば常に完璧な紫外線対策ができるじゃない」と思われるかもしれませんが、spf50 肌に悪いでご紹介したように、効果の高い日焼け止めは、それなりの成分を使用しているので肌に負担のかかるもの。

必要のないところで、そんな強い日焼け止めを使って肌を傷める必要はないのです(>_<)

 

なので、紫外線の強い時間帯だけSPF50など効果の高い日焼け止めを塗り、それほどでもない紫外線量のときはSPF20~30程度のものであとは日傘や帽子でケアするようにしましょう♪

 

では、紫外線が強い時間帯ですが、朝の8時頃から強くなり始め、9時から15時くらいまでが要注意の時間帯となります。
それ以降、16時を過ぎると、またガクッと紫外線量は減るようですが、春から秋の9~15時は、日差しの下で過ごす場合は、SPF50の日焼け止めを使用した方がいいですね(#^.^#)

 

そして、その場合、日焼け止めは、必要に応じて数時間ごとに塗り直しも必要です。
それは、紫外線吸収剤という成分が紫外線を吸収し、数時間で変質してしまう為です。

大人ニキビ

数値の高い日焼け止めを塗っていたのに日焼けしてしまった・・・という時は、塗り直しが出来ていなかった為と思われますね。

今のうちからしっかり、かつ適切な日焼け対策をして、健やかな美しいお肌を目指したいですね。

コメントを残す