顔のシミを徹底予防する方法とは

Sponsored Link

今、40代半ばにしてシミがはっきりと浮き出してきたので思うのですが、顔のシミは絶対作らないに越したことはありません!

だって、顔のシミがあるとないとでは、全然見た目年齢が違いますから。

シミって本当に老けさせるんです(>_<)

まだできていない方は、ぜひ徹底予防して下さい!

 

 

外出時の紫外線対策を十分に行なう
外出時には、例えちょっとしたゴミ出しのあいだでさえ、日焼け止めや、日傘、長袖の服、帽子、サングラスの着用で紫外線対策を行ないましょう( `ー´)ノ

 

特に、日焼け止めは塗る段階から効果的な塗り方をする必要があります。
P1010368

顔に塗る際も手のひらに伸ばして塗るのではなく、顔の至るところにチョンチョンと置いた日焼け止めを指先ではたくようにして軽く押さえてのせていきましょう。

 

そして、1回朝塗ってOKではなく、2~3時間ごとに塗りなおす必要があります。

これだけでもかなり紫外線はカットできるのでやってみて下さいね♪

 
曇りの日も手を抜かずに紫外線対策をする
太陽が出ていない曇りの日も、の紫外線量は晴れの日の50~80%あるそうです。
油断せずに晴れの日同様の紫外線対策をしなければいけませんね。

 
ミネラルやビタミンを十分摂取する
新陳代謝を活発にすれば、表皮が角質となってはがれ落ちるときにメラニン色素も排出されるのでシミが改善されます。
そのためにも、ミネラルとビタミンをたくさん摂るように心がけましょう。

 
無添加の化粧品を使うようにする
添加物や着色料といった成分が入った化粧品は、肌への刺激となるためよくありません。
できる限り無添加の化粧品を選ぶようにしましょう。

 
規則正しい生活を心がける
十分な睡眠を取ることが重要で、特に「睡眠のゴールデンタイム」といわれる夜10時~午前2時は、新陳代謝が活発化する時間帯なので睡眠に努めると良いと言われています。

できるだけ質の良い睡眠が確保できるように、食事や入浴時間を工夫したいですね。

 

これらの紫外線対策は、若いうちから心がけておかなければ10年後、20年後の肌にシミを残すことになります(>_<)

無防備に紫外線を浴びていると、必ず後で後悔するようになりますので、20代からきっちりと紫外線対策を行なわれることをおすすめしたいと思います( `ー´)ノ

コメントを残す