意外と安い!シミ取りレーザー

Sponsored Link

ずっと「高い」というイメージのあったシミ取りレーザーですが、自由診療なのでクリニックによって料金体系が異なるものの、今はかなりお値段がリーズナブルになっているようです(゚д゚)!

 

レーザー治療の値段
一般的な値段は、シミのサイズやレーザーを照射した回数(ショット)などで決まることが多いですね。
だいたい各クリニックに「シミの直径○mm以内で~円」、「○平方センチ内の範囲で~円」や「1ショット~円」などと提示されていますので要チェック!

但し、先にも述べたように、保険の効かない自由診療なので、クリニックによって料金体系が異なるので、受けたいと思う場合は、事前に確認して、自分のシミを削のに大体いくらくらいかかるのかを計算しておくといいですね(*^-^*)

 

因みに、私の近所にある皮膚科は、1ショットいくら・・・ではなく、1回の施術8,000円と決まってました(以前の金額なので、今現在がどうなっているかわかりません。。。)。

 

ちなみにヤグレーザーの費用は1ショットで千円~5千円前後です。

クリニックによって細かい料金設定は変わってきますので、予算に応じて納得のいく治療を受けられるといいですね。

 
おすすめはqスイッチルビーレーザー
レーザーには種類があり、照射する光や波長がそれぞれで違います。
中でもお手頃なのは「qスイッチルビーレーザー」です。

 

他のレーザーだと1ショット数万円かかるようなものがありますが、qスイッチルビーレーザーだと1ショット数百円~数千円程で済むクリニックもあります。

 

皮膚の負担も少なく幅広いシミに効果的。しかも他のレーザーに比べて値段が安い。これはありがたいですね。

 
レーザー治療が適しているシミの種類
レーザー治療に向くタイプのシミには3つあります。

1つは加齢によって現れ始める「老人性色素斑」。
そして子どもから大人までできる「そばかす」、ニキビや擦り傷・かぶれなどが跡に残ってできる「炎症性色素沈着」です。

 

ただし「肝斑」には向いていません。
ご自分のシミが老人性色素斑か肝斑か・・・のチェックは、必ずレーザーを受ける前に診断してもらった方がいいですよ!
肝斑は、レーザーでは悪化してしまう場合があるので、内服薬での治療が一般的です。

一部では、低出力のレーザーなら肝斑もOKというクリニックもあるようですが、悪化する可能性があるなら私は怖くてできません(>_<)

 

皆さんも、ここは個人の判断になると思いますが、気をつけて下さいね(*^-^*)

 

 

コメントを残す