シミ取りのレーザー治療における失敗例

Sponsored Link

様々な肌トラブルが存在する中で、シミに悩んでいる方は結構多いですよね。
実は私もその一人ですが、同じように鏡で自分の顔を見る度にため息をついている方もいらっしゃるのではないでしょうか(^^;)

 

そんな何とか消したいシミですが、一口に「シミ」といっても、シミ 種類どご紹介したように、実際にはいろいろな種類がありますよね。
そして、その種類や状態に合わせた治療法がそれぞれにあるんです。

 

なかでもレーザー治療は、シミの種類に合わせた光線をシミに当てることで、シミを薄くしたり消したりすることが可能で、新しい肌を手にいれることができます。
もっとも確実視されている方法といってもいいくらいではないでしょうか。

 

しかしこれは他の治療に比べると比較的高価です。
「高いお金を払うのだから確実にシミを消したい。失敗したくない」などと思うのは当然のことですよね。

しかし実際には、「治療して逆にシミが濃くなった」「新しいシミができてしまった」などという話を耳にすることがあるんです”(-“”-)”

 

例えば、レーザーを当てた部位は2週間ほど黒くなってカサブタができ、それが剥がれて新しい肌ができるのですが、この状態の時に逆にシミが濃くなってしまったと感じ、焦る方も多いようです。

Women who are taking stains on the face

いわゆる「炎症性色素沈着」ですね。

ただ焦るだけで、しっかり医師に言われた通りの保護を続けているならば問題はないのですが、早くに絆創膏やテープを外したり、処方されたクリームを塗らなかったり、日焼け止めを塗らずに外に出たりすると大変なことになります( ゚Д゚)!
でも、言ってみれば、これは治療を受けた側の問題で、レーザー治療の失敗ではないですけどね”(-“”-)”

 

そうでない失敗例は・・・というと、シミに合わないレーザーを当てた場合のことがあげられます。
そんな場合は、シミが逆に濃くなったり消えなくなったりすることが起こるので大変!

レーザーにもいろいろな種類のものがあるので、すべてのシミに対して万能なわけじゃないんですよね。
それに、人によっては違う種類のシミ同士が重なっているケースもありますので、経験豊富なクリニックでの診断・治療が必須。

 

きちんと口コミや症例数などの実績を調査した上でクリニックを決めなければいけませんね。

 

コメントを残す