サプリや薬を飲んで治すシミとは・・・

Sponsored Link

一言で「シミ」といっても、いくつかの種類があり、それぞれに適した治療方法が存在するわけですが、その中でも明らかな違いがあるものを挙げてみましょう。

 

1つは「老人性色素斑」。加齢によって増えていくもので、シミの代表的なものです。

2つ目は女性ホルモンが原因でできやすい「肝斑」。左右対称で頬辺りにできる、べったりと広がったレバーのような感じでできるのが特徴的ですね。

 

そして遺伝的な要因でできる「そばかす」。
他にニキビや擦り傷などが跡になってできる「炎症性色素沈着」や青あざのシミもあります。

 

これらのシミを飲んで治す方法の代表的なものに、トラネキサム酸、Lシステイン、ビタミンC・E、グルタチオンがあります。
皮膚科を受診すると、これらは、他の治療と併用して内服薬が処方されることがよくあり、今あるシミというよりは、これから出てくるシミを予防する効果があるといわれています。

 

しかし今あるシミの中でいえば、飲んで治す代表的なものは「肝斑」。
この肝斑の治療においては、トラネキサム酸が効果的といわれています。

 

市販薬で「トランシーノ」という有名なサプリメントがあるのですが、聞いたことがおありなのではないでしょうか(#^.^#)

トランシーノ

この肝斑を皮膚科で治療する場合、人にちらっと聞いた話では、皮膚科によっては、肝斑自体に保険が適用されるわけではないのですが、何かしらの病名をつけて保険適用にしてくれる場合もあるそうです。

受診した際には、それとなく聞いてみるといいですね(#^.^#)

コメントを残す