「ためしてガッテン」で紹介されていた顔のシミ原因

Sponsored Link

以前、ためしてガッテンで、顔のシミについての放送がありましたね(2016年1月放送『戻れ!シミの消えた肌 冬こそ徹底対策』)。
ご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか(*^-^*)

 

その中で、とても気になったのが、日常生活におけるシミの原因として、「摩擦」があるということ
だから、摩擦を減らすことでシミが薄くなる・・・というものでした。

 

これ、見落としがちですが、本当みたいですよ(>_<)

 

私はかつて皮膚科の女医さんが書いた美容書でも同じことが書いてあるのを読みましたし、美容の仕事をしていた女性に聞いたこともおあります。

 

摩擦によるシミ

シミの天敵は「紫外線」だと思いますよね。

 

もちろん紫外線を浴びすぎることによって、シミの素であるメラニン色素が活性化し、次々とシミが現れてくるのは確かなのですが、意外に知られていないのが、摩擦によってできるシミの存在なのです(゚д゚)!

 

普段なにげなく顔を洗ったりメイクをしたりしていますよね。
実はその中に摩擦の危険が潜んでいます。

af788cb12466a214d6cd36e1068ecf84_s

「最近シミが出てきた」「シミが増えてきたなぁ」と感じている方・・・ちょっと次の項目でご自身のスキンケアの方法をセルフチェックしてみて下さい。
  • メイク落としの際、力を入れてメイクを落としていませんか?
  • 泡の立っていない洗顔料で顔をゴシゴシ洗っていませんか?
  • 強くパッティングしながら化粧品をつけていませんか?
  • こするようにファンデーションをつけていませんか?
 

「それくらい?」と思われるかもしれませんが、これらは全て「摩擦」に入るのだそうです。。。

そして、このような皮膚の摩擦が繰り返し続くと、その刺激から肌を守ろうとしてメラニン色素が増えて沈着し、黒ずんでいきます。

 

しかもすぐにシミが現れてくるわけではないのでやっかいです。
だから、気づいた時に「あっ」と思うんでしょうね(>_<)

 

普段から皮膚をこすらないようにスキンケアすることを心がけていく必要がありますね。

スポンサードリンク

コメントを残す